プジョー308sw(2019~)

《購入7ケ月目の採点》プジョー308sw 1.5L クリーンディーゼルターボ

2019年12月17日

こんにちはREIWAです(^^)
早いもので今年もあと僅かになりました。皆さんはこの1年いかがお過ごしになったでしょうか?
REIWAの身の回りで起きたこの1年での大きなニュースのひとつにクルマを入れ替えた事があります。ヴェゼルハイブリッドZからプジョー308swクリーンディーゼル。早いもので半年が過ぎもう7ヶ月です。走った距離は約8,000キロ('ω')v
今回はそんなわが家のライオン🦁プジョー308swアリュールBlueHDi(8AT)の「いいね!」をランキング+点数もつけて皆さんにお伝えしようと思います。ワーストも包み隠さずにお伝えしますよ(^_-) 
現在はまだ1年未満のハネムーン期間中ですが、評価が甘くならないように気を付けていきたいと思います。

「いいね!」と思う ランキング5位~1位

5位:ブレーキ《80点》

良く止まりタッチも良いです。高速道路など100キロを超えるスピードからの緊急的なブレーキでも制動力は確かで1.4t弱の車体をしっかりとコントロールできます。4輪とも何てことないキャリパーが装着されていますが、この辺はフランス車といえどさすがは欧州車といったところでしょうか。強めのブレーキングでのタッチについてもパッドがローターに食い込んでる感触が足裏に伝わってくるので安心感があります。「奥で効く」とか「立ち上がりが速くてカックン気味」とかのクセが無いので何も考えずにブレーキを扱えるのが良いです(^^)

マイナス20点の理由はメタル系パッドなので止むを得ないとはいえブレーキダストがハンパない事(+o+)。ホイールを洗うのも結構大変です。見ればフロントホイールはいつもマットグレーです(^^;

4位:乗り心地《89点》

「プジョー 乗り心地」でググれば沢山ヒットします。それくらいプジョーにとって乗り心地というワードは切っても切れないものなんだと思います。プジョーの故郷であるフランスという国は食料自給率が130%に迫る農業大国(わが国はナント37%)、凸凹の農道を延々とかっ飛ばして走る事もあれば、パリなどでお馴染みの石畳の道路を駆けったりと足回りやボディは並の作りでは持ちません。またフランスでのクルマの価値というのは「移動の道具」ではなく「速く移動する為の道具」らしいです(笑)。ダラダラ走っているとおばあちゃんの運転するクルマに煽られるとか…(苦笑)。それにラリーなどレースでクルマを鍛えるのも好きな会社です。そのような環境から生まれてくるライオンマークのクルマですから走らせればそのような背景のもと生まれてきた事がよく伝わってきます。ただあれほど惚れた乗り味も毎日のように乗っているとフツウに慣れます(笑)。他のクルマと乗り比べれる事がなければ「乗り心地がいいなー」って毎回感動する事もないです(笑)。この辺は食べ物と同じでいくら美味いからといって毎日同じ物ばかり食べていたら其のうち感動する事もなくなっちゃいますからね。
それとこれも乗り心地に関係する事だと思いますが、クルマを走らせて気持ち良いと感じるスピードレンジはドイツ車や、国産車でいえばスバルの車のようなハイスピード基準のクルマよりも低めです。ドライバーによっては日常域から丁寧にストロークするサスペンションだと何となくソフトに感じて物足りなく思ってしまうかもしれません。クルマ全体がしっかりとしつつも優しさを感じる乗り味を求めるオトナには308sw(16インチ)の乗り心地は満足度が高いと思います。

マイナス11点の理由。良路は勿論のこと傷んでヒビ割れた路面や下水道工事跡のような<でこぼこ>としたアンジュレーションがついた路面では作り手のメッセージがよく伝わってきて良いですが、衝撃の頂点がハッキリしているような角が立ったショックは上手に衝撃を吸収しきれない場面もあります。この辺はタイヤのサイドウォールも仕事をする部分なのでタイヤを交換すれば印象が変わる場合もあります。因みにREIWAが乗っているアリュールというグレードだけミシュランタイヤではなくグッドイヤーのエフィシェント(OEM)というエコ系のタイヤが装着されています。トータルバランスが良く中々いい印象のあるタイヤですが、このクルマはフランス車なのでミシュランタイヤを装着して欲しかったです。コストの問題で仕方なかったのかな?。 ただREIWAはミシュランタイヤが大好きでバイクのタイヤも好んでミシュラン。このクルマにもパイロットプライマシー4が装着されていれば無条件で+3点あげます(笑)

3位:フルフラットシート&ラゲッジ《90点》

下の写真は車中泊をした時の写真です。お伊勢参りに行く途中のサービスエリアでぐっすりと寝たあとの痕跡です(笑) 308swのラゲッジは車中泊をするのに最適に作られたようなラゲッジスペースでリアシートを畳むだけで段差の無い真っ平なスペースが作り出せます('ω')v。ガラスルーフなので星を見ながら眠りにつけるのもイイです(*'ω'*) 全長1760mmのREIWAが足を真っすぐ伸ばして寝てもまだ少し余裕があるので車中泊する方の殆どは満足するのではないでしょうか。このクルマのように快適な寝床が作れるクルマって簡単にありそうで探すと無いんですよね。そういう意味でも貴重なクルマです。

マイナス10点の理由。ルーフが低いので寝床に<あぐら>をかいて座る事が出来ない事。ステーションワゴンなの仕方のない部分ではあります。SUVの前車ヴェゼルは寝床で<あぐら>をかいて食事をしたり着替えをしたり普通の姿勢で片付けや探し物なんかも出来ました。ってかホンダ車の場合、ワゴン車であるフィットシャトルでも低床を活かした作りのラゲッジで<あぐら>をかいて座る事ができます('Д')
それと上の写真のも写っている〈トノカバー〉。もちろん脱着はできますが収納場所がありません。取り外すと見た目以上に大きく重いので車中泊などする場合はジャマになるけどそのままにしています。因みに同じステーションワゴンのスバル レヴォーグはラゲッジ下にトノカバーの収納場所が用意されています。

2位:クリーンディーゼルターボエンジン【DV5】《93点》

プジョー最後のディーゼルと言われている最新のクリーンディーゼルターボエンジンが第2位です。NOx後処理装置である高価な尿素SCRを積んでいる正真正銘のクリーンディーゼルです。試乗で乗った時、このエンジンのドライバビリティの良さに一発でやられてしまいました(笑) 1.2Lのガソリンターボ搭載車も試乗しましたが、このDV5を体感した後だと軽快なフィーリングではありますが、やはり線が細く感じてしまいます。308swに搭載されるDV5のスペックは130ps/3,750rpm・300Nm/1,750rpm。3L級の300Nmのトルクで1.4t弱の車体をグイグイ引っ張ってみせます。組み合わされるトランスミッションは最新の8速AT。安心の日本製、アイシンAWが担当しています。ECUとATを協調させるような形でノーマルモードからスターターボタン横のスイッチで「パワー」「エコ」と選択する事もできます。REIWAは普段「エコ」にしています。そのようにしておくとアクセルのツキに丸みが出てクルマの挙動がマイルドになるからです。それとエンジン音が静かになる気がします。気がするだけかも(笑)  逆に「パワー」を選択するとアクセル操作への反応が凄い事になります!まるで映画「TAXi」!少しオーバー?(^^; 明らかにヤル気満々になるので「パワー」は普段使いしません、使い道としては山坂道の登板路に用意されている数百メートルの追い越し区間。そこで「ポチッ」と「パワー」にしてやります。パドルシフトの操作をしなくてもアクセルを踏み込めば要求している加速力をDV5&8ATから引き出す事が出来ます。
どのモードで走っても回して楽しむエンジンという感じはしません、力強くスムーズに上まで回るけどドラマチックではないからです。低い回転域からの太いトルクを8ATで次々シフトアップさせて乗るのが正しい乗り方だと思います。実際タイム計測などを行えば決して速い部類のクルマではないでしょう。ただその印象を語れば<静かに速い>そう思うクルマです。
燃費は市街地中心で14~16km/L、郊外路で16~21km/L、高速道路で18~21km/L。燃費運転はしていません、普通に走っています。いつも給油しているGSは軽油がレギュラーガソリンより20円/L安いので燃費の良さとあわせてとても助かっています('ω')ノ

マイナス7点の理由。このクルマにはパドルシフトが付いていて右指でシフトアップ、左指でシフトダウン、ツルツルした指触りの良いスイッチを操作します。ただ左指でシフトダウンの操作をしてもエンブレの効きがとても弱いです、前車のヴェゼルハイブリッドZもそうでした。エンジンの回転数が大きく上昇するだけで減速感は殆どありません。何かしらの弁(バルブ)を制御してエンジンのポンピングロスを減らすようにしているのでしょうか?意図しているものなのか構造上なのか分りませんが、どちらにせよ長い峠道の下りではエンブレがもっと効いてくれた方が安心です。(ヴェゼルHVはフットブレーキの減速する力でも電気を作る回生ブレーキも使っているので長い下り坂でのフェード現象については心配ないと思います)
※308swクリーンディーゼルのエンブレが効かな理由は構造上の問題でした(^^; 調べてみるとディーゼル車には基本スロットルバルブが無いそうでポンピングロスが発生しにくい構造だったのです。勉強になりました(`・ω・´)ゞ 燃費が良い要因の一つでもありますね。因みにマツダのディーゼルエンジンは燃焼室での燃焼を緻密に制御する(不完全燃焼を抑制し煤の発生を抑える)ため<わざわざ>スロットルバルブを設けるようにしているそうです。スロットルバルブがあるヴェゼルHVのエンブレが弱い理由は、エンジンとモーターの制御の関係で基本バックトルクを車軸に伝達しないハイブリッド特有の仕組みらしいです。余ったエネルギーは無駄なく発電に回すのでしょうね。きっと('ω')

1位:フロントシート《95点》

これまで所有してきたクルマのシートの中で1番出来の良いシートだと思います(^○^) 長時間普通に座っていられます。REIWAは坐骨神経痛を持っていてクルマの運転をしていると決まって左のお尻が痛くなっていました。早い時で30分、調子良い時で2時間弱。それくらい経ってくるとお尻が痛くなってくるのでお尻をシートから浮かせてみたりお尻の位置を変えたりしてモゾモゾしてました(´;ω;`) プジョー308swのシートに正しく座ると分かりますが座面長が長く少し強めの傾斜がついています、座面でモモ裏も支えるように傾斜がついているといえば分かりやすいでしょうか。バックレスト形状も座面の傾斜を考慮した一体感ある作りになっていて腰や背中を上手に支えてくれます。体圧を、お尻、もも裏、腰、背中と分散して支えてるようなのでお尻が痛くなることがありません。クッション材であるのウレタンの扱い方も絶妙だと思います。この辺は経験から得た知識、それを技術に変えてカタチにするチカラを持っているから成せるというのは分かりますが、結局はシートに対する思い入れなんだと思います。文化の違いとも言えますね。プジョーのノウハウが詰まっているシートだと思います。
先程の〈フルフラット&ラゲッジ〉の中でも触れましたが先日308swに荷物を放り込んでワイフと〈伊勢神宮へお参り〉に行ってきました。二日と半日で走った距離は1,100キロ超。帰路は一般道オンリーで軽く途中休憩を入れながらも10時間以上運転して帰って来ましたが、旅の始めから帰宅するまでお尻が痛くなって運転に支障が出る事はありませんでした。相性もあると思いますがREIWAにとってはこれぞ匠のシートといったところです(^^)

マイナス5点の理由。パワーシートが選べない事。前車ヴェゼル。その前のレガシィBLITZEN。その前のアリストとずっとパワーシートでしたから('ω')。メモリー付きの運転席パワーシートが+50,000円位で用意されていれば欲しかったです。バックレストの調整が欧州車のお約束ともいえるダイヤル調整なので仮眠する時「クルクル」、戻す時も「クルクル」やんなきゃいけないのでメンドイでーす(^^;

ここまでの〈まとめ〉

いかがだったでしょうか?ここまでをまとめてみると「いいね」と思う事は走りに関する部分が多いです、クルマなので当然と言えば当然なんでしょうが、コストダウンの号令の元に走りに影響する部分の詰めが甘くなっているクルマも少なくありません。REIWA達の世代も例に洩れずフランスと聞くとお洒落でお上品という印象を持っています。ただクルマの歴史や文化は日本よりも当然古くからありクルマの本質部分を見る目は日本人よりも厳しいものがあるのかもしれません。質実剛健。プレミアムカーではありませんが味わい深いクルマだと思います。

ワースト3

電装関係

ある程度覚悟していた事ですが、色々と目の当たりにするとこの先が心配になります('Д')。わが家では大体の事を心霊現象で片付けるようにしていますが…(苦笑)
●ここぞという時にリバース用のバックカメラがブラックアウトして何も映らず。イグニッション自体を再起動させてもダメ。1、2時間すると治ってたりするので放置しとくしかない。なんだかなぁ…
●車両とiPhoneをケーブルで接続。7インチタッチパネルを使ってアップルカープレイを操作してiPhoneのミュージックアプリを機能させます、その後カーナビアプリを同時起動させる為にタッチパネルを操作すると再生している音楽がストップしてしまうのでsiriに「音楽かけてぇ」と専用ボタンプッシュしてから話しかけるとスピーカーから「バリッ!!」て音がして右のFとRのスピーカーから全く音が出なくなる現象が数回発生…。がっかりしつつもソースを車両側にデフォルトで装備されているてるカーラジオに切り替えてラジオの音を出力させると元通りになる。魔訶不思議…。
●リバースギアに入れている時にのみ障害物に反応するリア&フロントのソナーがDレンジに入れて信号待ちをしている時にでも横をすり抜けていくバイクや大型トラックになぜか反応して警告音を鳴らす。7インチタッチスクリーンにも警告画面を表示する。前進で坂道を下り終えた所でもソナーが反応して警告音が鳴る。リバースギアに入っていないと反応しないと取説に書いてあるしテストしてみてもDレンジではソナーは反応しないんだけどなぁ…。謎。
●アップルカープレイでヤフーカーナビを使うと結構な頻度でフリーズするようになった。このような場合、プジョーなのかアップルなのかヤフーなのかどこに問い合わせればいいのか分からない。たらい回しはイヤなので放置(笑)

※下の写真はリバースギアに入れているけどバックカメラの映像が表示されていない状態。正常に機能している時は7インチタッチスクリーンの左半分には車両後方の映像、右半分には車両を上から見たような映像が表示されるように設定しています。この状態でもバックソナーだけはちゃんと反応しています(笑)

リアサスペンション

コーナーリング中に出くわす大きな路面のアンジュレーションなどでリアサスペンションが「グイッ」と沈み込んだ時や車線変更時に盛り上がった轍(わだち)のへりを踏んだ時などリアタイヤから「ウネウネ」っとしたヨー方向の動きを感じとる事があります。最初にこれを体感した時は「なんかクセ持ってるなぁ…」って感じでした(・・? 
頻繁に「ウネウネ」を体感する訳ではないけど矢張り気になる。REIWAなりに原因と思われる事はピックアップしていましたが、クリスマスも終わった先日、エンジンオイル交換でリフトアップされた308swを後方から眺めているとリアサスペンションピボットのブッシュが目に入りなんとなく分かりました。断言は出来ませんけどリアサスペンションに横方向のチカラが条件が重なって加わるとサスペンションピボットのブッシュが捩れてジオメトリーに変化が起こる、それが原因で「ウネウネ」を感じるんじゃなんじゃないかと。元々トーションビーム形式のサスペンションは横方向の剛性面に弱点があるとされています。それはバネ下に付いている重いモノ(トーションビーム、タイヤなど)を左右のピボット部分2点で車両に取り付けているからです。
308swは優しい乗り味を実現する為にリアサスペンション(トレーリングアーム)ピボットのブッシュに容量の大きなものを奢っているように見えました。なので単純に強化ブッシュに交換したりピロ化すれば解決すると思います。ただ優しい乗り味を失ってしまう事にもなります。ドライバビリティと乗り心地の高次元でのバランスという面ではダブルウィッシュボーンやマルチリンクなどに比べてトーションビーム形式では限界があるのかもしれません。

スマートキー

スマートエントリーが出来ない時があります。それも両手に荷物を持っていてスマートエントリーで解錠したい時に限って機能しない事が多い感じ…。一応念の為ですがスマートエントリーとはスマートキーをバッグなどに入れて携帯さえしていればドアノブを軽く握ったり指でタッチするだけで解錠施錠出来る機能の事です。調子の良い時は1~2週間はスマートエントリーが問題なく使えるのですが、ヘソを曲げると今使えてたのに10分後には反応しなくなるなんて事もあります。ディーラーに行き調べてもらったりOBD2を使ってリプロしてもらったりしたのですが解決には至らず。ネットで調べまくったら車専門の鍵屋さんのwebサイトで丁寧に教えてくれていました。そこには…
《最近の欧州車などはバッテリーの電圧が下がるとコンピューターが判断して必要ない電力をストップする機能を備えているものがあります、そのような機能を備えているクルマはバッテリーの電圧が低下してくると真っ先にスマートエントリーの機能を停止させてしまうものがあります。》
どうやら車両側のスマートキーのセンサーはスマートキーを探すためにずっと電力を使っているらしくその待機電力が馬鹿にならないようです。スマートエントリーの機能を停止してもスマートキーのボタンを操作すれば解錠施錠は出来るので、電圧が低下した場合は真っ先にスマートエントリーに必要な電力をカットしてしまうのでしょう(苦笑)。確かに駐車中も動体感知でドラレコを運用しているので電力は使っています(^^; 
因みにこのようにスマートエントリーが使えないという現象(スリープモード?)はフォルクスワーゲン ゴルフでも聞く話です。しかしこうゆうのって国民性による考え方の違いなんでしょうかね?前車のヴェゼルや以前ワイフが乗っていたモコターボもスマートエントリーの機能がありましたが、その機能が停止されてしまう事など一度もありませんでした。
それとこれも仕様で間違いないと思いますが、車内でスマートキーのボタンを操作しても施錠が出来ませんでした。どういう意図で操作出来ないのかは分かりません(苦笑) ラゲッジに布団を敷いて車中泊する時などは不便です。

 

まとめ

いやいや当初考えていたより見ごたえのあるものになってしまいました(^^; なので最後は手短にまとめたいと思います。

クルマの本質的な部分である【止まる】【曲がる】【走る】それに加え数字には表れない感覚に訴える走りの質というものは流石はヨーロッパ車なんだと感心します。手抜きがない、というかクルマ作りに妥協がないように感じられますし作り手のメッセージがちゃんと感じ取れるというのが嬉しいです(^^)
一方、電装関係は国産車のような安心感はありません。ある程度覚悟のようなものは必要です(苦笑)。購入を考えていて長く乗る予定の方はお財布と相談して5年の延長保証に入っといた方が安心かもしれません。REIWAの場合は「大丈夫です!何かあっても3年で出きりますから(^^)」と店長からのアドバイスで延長保証は加入しませんでした。後からでも延長保証に加入できますが新車購入時から数か月以内に加入しといた方が安い料金で加入できます。

「美味い物食えるなら例え腹壊したとしても構わない!」
このような考えの方だったら長く愛せるクルマです(笑)

最後に
Q.このクルマ買って良かったか?

A.もちろん!(^^)

今のところね(笑)

本日も最後までありがとうございました!

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんはじめまして!REIWAと申します('ω')ノ 2019年4月1日。新しい元号が令和に決まったこの日に新たにブログを始める事にしました( ・`д・´) クルマやバイクを中心としたブログです! マ ...

2

こんにちはREIWAです! 今年もどうぞよろしくお願いします('ω')ノ 本年一発目の今回はクリーディーゼル車用のエンジンオイルについて。 昨年末、といってもついこの前の話ですけど、我が家のプジョー3 ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-プジョー308sw(2019~)

© 2021 REIWAのはしりかた