NC700X (2012~)

NC700X フロントフォークOH その②

2019年4月5日

フロントフォークを組み立てていきます

組立て作業の前に

スライダブッシュ(灰色)
ガイドブッシュ(茶色)】

のバリ取りを細目のペーパーを使って丁寧に行います。

フォークパイプの所定の凹みに新品のスライダブッシュをはめ込んで取り付けます。

新品のガイドブッシュの内側にフォークオイルを塗布してフォークパイプの上部から入れていきます。

バックアップリングも同様にフォークパイプの上部から入れます。

次はフォークピストンリバウンドスプリングをセットします。それをフォークパイプ内に挿入します(下の画像)。この後フォークソケットボルトを締めるためにフォークパイプを仮組していきます。上記のフォークパイプ内にフォークスプリングスプリングシートスプリングカラーの順で入れフォークトップキャップをフォークスプリングの反発に負けないように押し付けながら8~9割方締め込んで下の画像のような状態にしておきます。

上の画像にも写ってるオイルロックピースをフォークピストンの先端に装着します

オイルロックピースを装着して仮組み状態になっているフォークパイプASSYフォークスライダに挿入しますが、挿入前にスライダブッシュ外側(外周)にフォークオイルを塗布しておきます。

新品のフォークソケットボルトに新品のシーリングワッシャーを装着、緩み止めの為にボルトのネジ山部分にはネジロック中強度を少量塗布しフォークスライダ底部から締めていきフォークピストンと結合させます。オイルシールを打ち込むまではセンターが出ていないのでこの段階ではきっちりと締めません。

本日のメインイベントであるオイルシールの打ち込みがこのあと待っています(;^ω^)

オイルシールを叩き入れる前にガイドブッシュを打ち込みます。
イルシールプッシャーを使って打ち込みますがその相棒のサークルリングの3つある爪の1つが破損していて使い物にならないので知恵を使うことにします(苦笑)。

新品のガイドブッシュの上に古いガイドブッシュ2つを乗せその上にバックアップリングを乗せます(下の画像を参照)
この上からオイルシールプッシャーを使って打ち込んでいけば新しいガイドブッシュは所定の位置まで入っいきます。この作業ではチカラはいりません「カン、カン、カン」で終わりです('ω')v

 

新しいガイドブッシュが所定の位置(音と感触で分かります)に収まったらバックアップリングと古いガイドブッシュ2個を取り除きます。

そしていよいよ本日のメインイベントであるオイルシールの打ち込み作業です!
その前にオイルシールをフォークパイプ先端からフォークパイプに通していきます。この時オイルシール内側のリップを傷をつけないようにする為フォークパイプの先端にビニール袋などをかぶせてオイルシールをフォークパイプに通していく方が多数のようですが、REIWAはビニール袋がちぎれてオイルシールのリップの間に噛みこむ事を嫌ってオイルシールの内側にシリコングリスをたっぷりと塗布してからそのまま優しく通しました。
その後はフォークパイプにシリコングリスを薄く塗布してオイルシールをゆっくり優しく滑らせるようにしてフォークスライダまで降ろしていきます(下の画像参照)。

フォークスライダ直前まで降りてきたらオイルシール外周にフォークオイルを塗布。そのまま指を使ってフォークスライダ内の押し込める所までオイルシールを「クチュ~」っと押し込んでおきます。

サークルリングが破損していて使い物にならないのでここからはサークルリングを使わないやり方を考えて実行しました。

まず前項でセットした新品のオイルシールの上に不要となった古いオイルシールを乗せます。古いオイルシールの内側と外周にも滑りを良くする為にフォークオイルを塗布しておきます。

古いオイルシールの上からオイルシールプッシャーを使って打ち込んでいきます。しっかり叩いて打ち込みますがこの作業は難易度が高いです。道具があれば一見簡単そうですが真っすぐ打ち込むのに力加減と慣れが必要です。正確に真っすぐ入っていかないとオイルシールが収まる所まで入っていきません。大胆かつ丁寧に作業します。結構真剣になってしまったので写真撮り忘れました(^^;

ストッパリングが収まる溝がはっきり見える所までオイルシールを叩き入れたら古いオイルシールの方はお役目御免という事で千枚通しのような先の尖った道具を使い引っ張りだして退場してもらいます。

ストッパリングをしっかりと溝に嵌めたらその上から錆止め目的でシリコングリスを盛っておきます。

仮止めだったフォークスライダ底部のフォークソケットボルトを20N・mで締めます。この時フォークスライダを万力で固定出来る環境があれば楽チンですが、そんなもん無いんで色々と工夫をしながら進めていきます。
DIYでは注意を払いつつも楽しみながら作業していきます。楽しみながら行った方が上手くいくし楽しむのも目的の一つだし。問題が起きてもチャレンジと思って楽しみながら進めていきますよ!

↓オイルシールが所定の位置に収まりストッパリングを嵌める所('ω')v

その③へ続く

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんはじめまして!REIWAと申します('ω')ノ 2019年4月1日。新しい元号が令和に決まったこの日に新たにブログを始める事にしました( ・`д・´) クルマやバイクを中心としたブログです! マ ...

2

こんにちはREIWAです! 今年もどうぞよろしくお願いします('ω')ノ 本年一発目の今回はクリーディーゼル車用のエンジンオイルについて。 昨年末、といってもついこの前の話ですけど、我が家のプジョー3 ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-NC700X (2012~)

© 2021 REIWAのはしりかた