NC700X (2012~)

NC700X フロントフォークOH その①

2019年4月5日

新車購入後6年30,000㎞

とうとう漏れました(´;ω;`)

まずはオーバーホールに必要な物を揃える事から

ホンダドリーム店でOHに必要な純正部品とネットショップでフォークオイルを用意しました。
ホンダドリーム店では基本的に電話での部品注文を受け付けてくれないので、注文と受取りで2度足を運ぶ必要があります(-_-;)
そのドリーム店で取り寄せた純正部品は結構な数があるのでブログの中でご紹介していきます。使った工具なども最後までご覧になって頂ければ分かると思います(^^)

↓ REIWAのNC700Xのフロントフォークにはオランダのハイパープロ社製のフォークスプリングを入れています。という事でフォークオイルもハイパープロのフォークオイルを使っています。粘度はSAE#15です。

↓ NC700X純正のフォークオイルはホンダ ウルトラクッションオイル10Wです。純正フォークスプリングの場合で油面高もホンダ指定に合わせると1L缶1本ではフォークオイルが足りないと思います。

必要な部品や工具が揃ったら始めていきます('ω')ノ

FフォークOH日時 2018年9月 30,000Km

まずはセンタースタンド(メンテナンススタンド)を掛けます

Fアクスル割り締めボルト1本
Fアクスルシャフト
Fブレーキキャリパー取付ボルト2本

これらを予め緩めておきます。
フロントタイヤを地上から浮かせます。REIWAは四輪車用のパンタジャッキを使いオイルパン辺りをジャッキアップします。フロントタイヤはほんの少しだけ浮かせばOK。パンタジャッキとオイルパンの間には下の写真のようにクッション材を挟む事。それとジャッキやバイクが倒れたりしないように細心の注意を払います。
↓ NC700Xのセンタースタンドはオプションです。REIWAも納車したその日に取り付けました。これがあるとチェーン洗浄&注油の時も楽ちんです(^^)
標準車高モデルの品番は”08M70-MGS-J30"。LD(ローダウン)モデルは品番が違うので気を付けて下さい。

Fフェンダーを取り外します。Fフェンダーの裏側にフレームがあるので、ボルト外し→フレーム抜いてから→フェンダー外し、の手順。
Fアクスルシャフトを抜いてFホイールを外します。
Fブレーキキャリパーも外しますが、外したらキャリパーのボルトの穴に針金など通して適当な所から吊るすようにします。これはブレーキホースに負担を掛けないようにする為です。

※下の写真はタイヤ、Fフォークを取り外したあとの画像です。キャリバーはエンジンガードから吊るしています。

トップブリッジ割り締めボルトをヘキサゴンレンチでユルユルに緩めます。
フォークトップキャップを緩めます。ここはラチェット+17mmのソケットを使いました。

フォークスライダ―(アウターチューブ)底部のフォークソケットボルトをほんの少しだけ緩めておきます。
緩めすぎるとフォークオイルが漏れ出てくるので注意。このボルトは奥まった所にあるのでREIWAは下の写真のようにラチェット+エクステンション+ヘキサゴンソケットと繋いで作業しています。

フロントフォークが落ちて損傷しないように片手でフォークを持ちもう片方の手でボトムブリッジ割り締めボルト(14mm)を緩めてフロントフォークを1本ずつ車両から外していきます。

 

前項で緩めておいたフォークトップキャップを取り外し古いフォークオイルを廃出。あわせてフォーク内の

スプリングカラー
スプリングシート
フォークスプリング

を取り除きます。フォークスプリングは上下の向きを覚えておきましょう。前回フォークオイルを交換してから1年半、ほとんど乗っていなかったけど古いフォークオイルは汚水のようです!サラサラとした水っぽい質感に変わり果てていました(^^;

フロントフォーク分解

事前に緩めておいたフォークスライダ―底部のフォークソケットボルトを取り外します。
フォークピストンは供回りはしなかったのでインパクトや特殊工具を使う必要はありませんでした(^^)

片手をフォークスライダ―、もう片方の手はフォークパイプ(インナーチューブ)をしっかり持ち勢いをつけながらフォークパイプを引っこ抜きます!
数回「カン、カン、カン!」と引っ張ればオイルシールが外れ抜けます。使用する工具?は胸筋です(笑)

再使用するフォークスライダ、フォークパイプ、フォークピストンなどの部品はウエスや必要に応じてパーツクリーナーなど使い綺麗にします。

OHに伴い交換する部品は

【フォークソケットボルト&シーリングワッシャセット】
【スライダブッシュ】
【ガイドブッシュ】
【ダストシール&オイルシールセット】
【ストッパリング】
【フォークキャップのOリング】

です。結構な数があるので気が遠くなりそうですが、オイルシール以外の交換作業はイージーですよん♪
↓段ボール箱に広げるとこんな感じです( ゚Д゚)ハァ

組み立てていきます→その②へ

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんはじめまして!REIWAと申します('ω')ノ 2019年4月1日。新しい元号が令和に決まったこの日に新たにブログを始める事にしました( ・`д・´) クルマやバイクを中心としたブログです! マ ...

2

こんにちはREIWAです! 今年もどうぞよろしくお願いします('ω')ノ 本年一発目の今回はクリーディーゼル車用のエンジンオイルについて。 昨年末、といってもついこの前の話ですけど、我が家のプジョー3 ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-NC700X (2012~)

© 2021 REIWAのはしりかた