プジョー308sw(2019~)

プジョー308SW  【タイヤ交換】ニュータイヤは激安コンチネンタル⁈

2022年7月26日

令和4年7月24からの桜島噴火により被害を受けられた方に心よりお見舞い申し上げます。

皆さんこんにちは!

REIWAです
('ω')ノ

今回話題にするのはタイヤ交換、
プジョー308sw初のタイヤ交換でございます
('ω')v
本当なら夏が終わってからにする筈…ってか予定、
だけど洗車の際にひび割れを発見しちゃったので少し前倒して交換する事に…
ま、それはそれでいいんだけど、チョット気になるのは現在値上げラッシュ真っ只中だって事…
タイヤとて蚊帳の外じゃありませんのです…

こんな時ワタクシREIWAはどうするか?

はい、値上げされた商品はショッピングリストから除外の刑に処しております

そんな感じでスタートした今回のタイヤ交換、
ご興味いただけましたら最後までお付き合いの程よろしくです
(^_-)

ひび割れぇ Σ(゚Д゚)ひえぇぇ

先ずはひび割れ画像からどうぞ~

見ての通りトレッド面のショルダー部分に発生したひび割れです…

タイヤは新車の時からの”GOOD YEAR エフィシェントグリップ”
コンフォート性能に長けた出来の良いタイヤで生産はmade in おFrance、

3年少々使用して走行した距離は28,000kmと少な目…
(´・ω・)コロナ禍の影響だわね

昨今のタイヤは新品時の溝の深さが7mm程度と言われています、
この時はといえばF、Rとも2.5~3mm、
タイヤに問題が無ければ”あと”3,000kmは走れたかと…
('ω')雨の高速道路を走行するなら溝3mmは最低必須!

マイカーのタイヤがひび割れたなんて彼此十数年…いやそれ以上記憶にない出来事です、
じゃあタイヤ自体に問題が?…いやいやそんな訳はなく単純に紫外線の影響でしょう、紫外線を浴びる事によって柔軟性が無くなりひび割れが発生したという事、それが証拠にガレージ内にクルマを保管してた時は5年選手のタイヤだってひび割れなんて起こりませんでしたから
('ω')クルマにとって紫外線は大敵

実際トレッド面のコンパウンドに爪の先を押しつけてみても弾力が余り感じられないような…
普通この様な状態になると走行中タイヤの音が煩く感じられたり、乗り心地面でも突き上げが目立ってくるもんですけど、このタイヤは何故か気にならない…つまるところの”美味しい部分(ところ)が長い”タイヤ?
('ω')クルマとのマッチングがGOODって事もあるね!

そんな風に不満も無かったのでひび割れさえなければもう少し使ってからにしようと考えていたタイヤ交換、だけど「タイヤは命を乗せて走ります」といった名言もあるように多少でも気になる事があれば早め早めの交換が賢明、特に今時分のような暑い季節というのは一年で一番タイヤのトラブルが多く発生する時期でもあるしね…
('ω')トラブルの代表的なのはバースト!ドライブ前は外観チェックと空気圧チェックは忘れずに


タイヤ選び

これまでも事あるごとにほざいてきた通りワタクシREIWAは大のミシュランタイヤファン
(*‘ω‘ *)
二輪四輪問わずミシュランタイヤを履く事に幸せを感じる…そんな体質なのであります、
本来なら今回もミシュラン、そうプライマシー4なんぞ履くのが既定路線…

しかし、冒頭でも述べたように天邪鬼(あまのじゃく)なワタクシREIWAとしましては、値上げされた商品なんぞに食指は動かんのです、早い話しが買いたくないのであります!
(苦笑)

円安?原材料の高騰?…
ええ、ええ、はいはい分ってますよ、でもこれはミシュランタイヤとて同じ、例外なんてござらんのです!
('ω')メンドーな人…w

とまぁ好き勝手いってますけど、こんな時だからこそあらためてバリューフォーマネーについて考えてみるのも宜しいんでないかと、
今回のタイヤ選びはそんな所からスタート…

最初にピックアップしたタイヤは以前投稿した記事の中で取り上げた
”コンチMAXコンタクトMC5”

ドイツの高級車などに標準装着されているコンチネンタル製のタイヤです、
商品自体アジア市場をターゲットにしたお求め易い価格で提供されるタイヤのようですけど、コンチネンタルに違げーねーべぇ?(笑)、という事で興味持っていたタイヤなのです
f('ω')ポリポリ

先人のお偉いお方が「人間とは比較したがる生き物…」と云ってたようなそうでないような…と記憶なんてものは曖昧ですけど、折角なのでここは比較する為の対抗馬を探してみるとします、で見つけてきたのは…
”グッドイヤー エフィシェントグリップ ECO EG01”
交換前のタイヤと同じ銘柄のタイヤですけど”ECO EG01”と附記されているように全くの別モンです、単純にエフィシェントグリップ繋がりで対抗馬に推した次第、でも当然それだけじゃありません!旧モデルとなった現在は超お買い得プライスで絶賛販売中なのでした♪

※一般のタイヤショップで取り扱っているエフィシェントグリップは「エコ」「コンフォート」「パフォーマンス」それと「ミニバン専用タイヤ」」の4つに分類、プジョー308sw(16inch)新車装着のエフィシェントグリップ(made in France)はプジョーディーラーへ

TIRE HOOD

さてタイヤの購入先ですけど、今回はタイヤ選びより先に決定済み!
その購入先とは
”TIREHOOD”
(以下:タイヤフッド)

この少し上の方に「”タイヤフッド”まるわかり」と題した記事のバナーを貼らせてもらいましたけど、今や多くのクルマ好きが知るタイヤ&ホイールのECサイト、そう、ネットストアです、
今回購入先として選んだ理由はシンプルで、紹介した本人として利用しない手はないからw
('ω')トーゼン!

タイヤ選びの方は、”興味に勝る魅力はなし”という事で初装着となるコンチネンタル製のタイヤに決定!
('ω')フランスのクルマにドイツメーカーのタイヤってなんか面白い

早速、タイヤフッド公式オンラインストアでタイヤ検索…

お目当てのタイヤを見つけ価格をあらためてチェック!
(p_-)
205/55R16のサイズが
1本¥9,240ー(税込)送料別

テレビのニュースでは連日値上げラッシュと煽って…もとい!騒いでいるようですけど、
このタイヤは何故か逆に値下がっておりました…
今回のブログの趣旨に合致する展開ではあります
(笑)

この後、一応って事でヤフーショッピングを覗くと
な!なんと「タイヤ購入と取付予約 TIREHOOD」と云ったストア名でタイヤ販売してるではありませんか!タイヤフッドが…
Σ(゚Д゚)なぬっ
本家のECサイトの方と比較してみるとタイヤの価格は同じ…でも送料無料とPAYPAYポイントの付与がある分ヤフーショッピングで購入した方がお得…

その商品がこちら↓

誰もがそうするように、よりお得に購入できる「タイヤ購入と取付予約 TIREHOOD」さんの方でタイヤ4本のみをお買い上げ~!
('ω')やったぜ!

タイヤ取り付け店

そもそもタイヤフッドでタイヤを購入する一番のメリットって、タイヤ購入から取付け店選び、そして取付け予約から配送手配まで誰でもスマホ一つで簡単に出来ちゃう事だと思うんだけど、今回REIWAはタイヤのみを購入…
つまりタイヤを取り付けてくれるショップはこの後自分で手配する事になります

さて何処にしよ…
いやいや実は評判を耳にして「次はココ」決めていた取り付け店があったのです、
作業料金も良心的という事で今回のお題にピッタリのタイヤショップ!
早速そのお店のHPをスマホで開き予約日&時間、それとタイヤを直送する旨の連絡を詳細に記入して送信…

それが無事終わればあとはタイヤの取付けの日を待つだけ~
('ω')♪るん

タイヤ取付けの日

この手の(持ち込み)タイヤ交換で絶対にやってはイケないのが約束の時間に遅れる事、
なので時間に余裕を持って自宅を出発…で、到着したのは約束の時間5分前、でも本当はもっと早く到着しちゃったので近くのコンビニで15分ほど時間を潰していたのでしたw
('ω')大型店のような駐車場は無いでしょうし

運転席から降りて挨拶を交わすと
「こちらのタイヤでよろしいですよね」と一足早く到着のタイヤとご対面

タイヤフッドで購入の”コンチMAXコンタクトMC5”は歴(れっき)とした正規輸入品

「40分ほど掛かるので待合室でお待ちになっててください」
と声が掛かりますが、
何を仰いますねん、現場で観察させてもらうに決まっとりますがなw
(p_-)「じー」とみてるとプレッシャーになるので遠目からね

それでは作業開始!
('ω')今回のそれはショップの人のセリフだってばw

作業中だろうとお構いなく宅配便でお中元が届きます、郵便配達員もやって来ます、オイル交換のお客さんだって来店します、それをお一人でこなしながら作業は淡々と進行…
そして新しいタイヤの組み付けが終わり「パンっ!パンっ!」とビード上げの音!
この後は車両へ取り付けるだけ!

ジャスト40分でタイヤ交換完了!

ここまでの作業を見学しての感想ですが、なるほど評判良いのが頷ける仕事っぷりでした
(^^)プロの仕事を見学するのって楽しいんだわ

これにて一件落着ぅ~!

HOW MATCH?

それでは最後に今回のタイヤ交換に費やした金額を発表します!

メインのタイヤ4本が5%割引クーポン適用で
¥34,694-

タイヤの取付け費用がしめて
¥7,480-

PAYPAYポイントの付与が
5,524ポイント

発表します!
今回のタイヤ交換に費やした実質価格は…

¥36,650-也でござんす
(; ・`д・´) 安かったぁ

ファーストインプレッション

この日の日中の気温は35℃超…
まだ7月だっていうのに連日の猛暑で少々夏バテ気味のワタクシREIWA(苦笑)…
そんな訳でタイヤの交換が済んだら寄り道などせず帰路に着きます…
ここからの話はその道中1時間少々走らせた時の感想でございます

毎回同じような事言ってますけど、タイヤ交換直後に感じるのは”THEゴム”といったマイルドな感触…
「例えなさい」…と云われたら、アスファルトの上に一枚ゴムマットを敷いたかのような乗り味…そんなふうに答えます、
内圧はメーカー推奨のF250Kps、R240Kpsから前後とも10%+α高めの280Kpsにリクエスト、
4本のタイヤを意識しながら308swを走らせていきます

==3

”スポーティー”そう感じる乗り味です…”コンマ3”エアーを高めたことを考えても剛性感高い乗り味となってます…
新旧どちらのタイヤもメーカーサイドではコンフォートといったふうに括ってますけど、それに疑いの余地がないエフィシェントグリップと比べなくてもコンチの方は剛といった印象…

ステアフィールから感じ取る印象も十分スポーティー、微小操舵角領域に違いなんて感じないけど、そこから先の応答性は大したもんです、唐突にヨーが立ち上がるような感覚に少し違和感を覚えましたけど、この手の違和感というのは自然と消化されていくものなので気にする必要もないかと

乗り心地面も耐荷重的にしっかりとしたものとなっていてエフィシェントグリップと比較すれば正直硬い…、轍(わだち)祭りと化したバンピーな路面を通過した時は308swのサスペンションを持ってしてもバタつくような仕草をみせます、少しタイヤが重いのかもしれません、サスペンションの固有振動数とマッチしていない…つまり一体感ある乗り心地は交換前のエフィシェントグリップが上、この辺り評価についてはタイヤ内圧を最適化して再度試してみる必要があります、

ロードインフォメーションについてはここまで話してきた内容通りエフィシェントグリップより多めです、お上品な部類とはいえないけど嫌いじゃないです、マンホールの蓋の突起や橋の継ぎ目の突起を踏んだ際の単発のショックは上手に衝撃を緩和してくれています、とはいえニュータイヤなのでそれ位は当然かな?
(笑)

ロードノイズについては乗り始めから暫くは高周波の音が少し気になっていましたけど、自宅に着く頃にはそんな事すっかり忘れていました、要は聞き耳を立ていなければ気になるような騒音は感じないという事です

一般道の上限速度までですけど、直進性能は308swの直進性の高さと相まってグッド、丸く転がり剛性感もあってこれまで以上に「ビシッ!」、フワついた所も無く安定感は高いように思います

一般道を一時間少々の走行…という事で今日お話し出来るのはこれくらいです、
機会があればこの続きなんかをブログでも取り上げてみたいと思います。
('ω')やっぱ峠で走らせてみんとw

まとめ

おっと!そういえばニュータイヤの製造日とかはまだでしたね
f('ω')ポリポリ

製造年月日は4本中の3本が、今年の3月に製造されたもの、今は7月だからまだ出来立てホヤホヤですたい!

残りの1本は更に新しかったりして…

生産国についてはこのタイヤの場合INサイドに刻印してるとの事でタイヤ装着後未確認…(苦笑)

でもコンチネンタル・ジャパンにOUTサイドに刻印のあるDOTコードを伝え問い合わせてみたところ…
「中国生産品で間違いないと思われます」との回答を頂きました
('ω')ま、予想通り

さて今回のタイヤ交換のお話しは如何だったでしょうか?

タイヤ交換の経験、知識、それに考え方だって人それぞれでしょうから今回のようなネットで殆んどの事が完結してしまうようなタイヤ交換は誰にでも勧められるようなものではありません、
実際にタイヤショップに足を運んでスタッフと一緒になってタイヤ選びからスタートさせた方がいい人だっていますし、割合的にもまだまだこっちの方が多いかと思います

とはいえタイヤ交換に費やすコストは当然違ってきます、2年3年に一度の事とはいえ安価に済ませる事が出来ればそれに越したことはありません、
という事で興味ある方は是非このブログもタイヤ交換の参考にしてみて下さい、
毎度のお約束事ではございますが自己責任でよろしくです!

それでは今回はこの辺で失敬…

本日も最後までご覧くださりありがとうございました
('ω')ノ

 

サクラ
クルマもいいけど紫外線を浴びた後は男性のお肌だってメンテが必要よ♡

先輩
あ⁈ああぁ…だなっ!
( ー`дー´)キリッ

ヒロシ
サクラちゃんがそう言うならオレも使ってみよっかなぁ~♬
ムフフ

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

-プジョー308sw(2019~)

© 2022 REIWAのはしりかた