プジョー308sw(2019~)

プジョー308sw 1.5ディーゼル購入記③〔購入から納車後の感想)

2019年6月29日

衝動買い⁈

308sw GTLine BlueHDiの試乗から半月と少し、カーナビの事やCDが使用できない事、あと信頼性の面も未知数だったので正直迷ったけど、めでたく注文書にサイン('ω')v

細々(こまごま)とした商談はしません。”指し値”を入れてそれが通れば男らしくサインをするだけです( ・`д・´)

注文した車両は”プジョー308sw アリュール  BlueHDi”

クリーンディーゼル車のベースグレードです。車両本体価格は¥3,297,000-(税込)

この価格というのはCセグメントの同じカテゴリーのライバルにあたる”スバル レヴォーグ1.6L”の中位グレードと同程度の価格。

レヴォーグはAWD(アクティブトルクスプリット)が魅力だけど、こっちは最新のクリーンディーゼルターボにアイシンAW製の8速AT。そう考えるとお買い得なクルマに思えてきます。

オプションは
・ガラスルーフ
・ダークブルーのボディカラー(有料色)

用品は
・ラゲッジトレイ
・フロアマット

それと
・メンテナンスパック〈ライトプラン〉

それに
・諸経費をプラス

最後は外国車といえど恒例の「あれ」…。

その「あれ」は戦略的な販売期間中とタイミングも良かったおかげで同クラスの国産車を購入するよりお安く手に入れる事ができました。まぁ今回308swの購入の決め手になったのは正直これ(¥)ですw

気に入ったところ

購入の1ヶ月程前に知った308sw BlueHDi ( ゚Д゚)マジか 「クルマはやっぱり走ってナンボだなぁ」というのが試乗後の感想。
その試乗でこのクルマの気に入ったところというのは、

・サスペンションがよく機能し乗り味が良い

・高級車並みに静粛性が高い

・1.5Lクリーンディーゼルはパワフル(経済的でもあると思う)

・アイシンAW製の8速オートマチック・トランスミッション

・フルフラットになる段差の無い広大なラゲッジルーム

・ガラスルーフ

・塗装の美しさ

こんな風に気に入った所というのは沢山ありますけど、一番は走ってて気持ちいいクルマだって事。ドライブする事に没頭できるクルマだって事…。

完成度がとても高いクルマなんです、はい('ω')

納車後の感想は?

注文から2週間で納車( ゚Д゚)早っ!、それから3000km弱走行。

試乗後に心に強く残った「クルマは走ってナンボ」の魅力は現在も変わることはありません、パワフルでいい走りをします('ω')v

タイヤサイズが試乗車GTlineが履いている215/45R17からアリュールは205/55R16と10パーセント扁平率も変わっているので路面からのアタリが更にマイルドになった感じがします。「フランス車はベーシックなモデルを買え!」って以前から聞く事がありますが、なるほどこういう事なのかと頷く事ができます。

マイカー(←最近めっきり効かなくなったフレーズw)になってから気になった事といえば、バンピーな路面のカーブをそこそこのペースで走行した時や轍(わだち)をまたいだ際などにリアタイヤのトー角が「ニョロニョロ」と動く、そんな感覚を覚える事。
具体的に話すとコーナーで一瞬「フワッ」とタイヤから荷重が抜ける、そのあと「グっ」とタイヤに荷重が乗りサスペンションが沈む、この時リアタイヤのアライメントが変化して一瞬リアが不安定に感じてしまう事があります。この部分は少し未熟にも感じますが、可動域の広いサスペンションとサスペンションの形式がジオメトリーの設計自由度の低いトーションビーム、まあ、仕方ない部分のかなぁ…と何となく理解は出来ます。

この事象をREIWAなりに解釈すると、サスペンションを固くしていけばこのような違和感を覚える挙動というのを消していけると思います、しかしそれを良しとしないのはフランス車たる所以(ゆえん)なんでしょう。決して跳る事のない所謂(いわゆる)”ネコ足”。これを実現する為のトレードオフだと思えば不思議と気にならなくなります。それくらいこのクルマには乗り味というものが大切だし、その乗り味がとても気に入ってるという事です。

因みに308swのショックアブソーバーの製造は欧州KYB製、昔と違ってプジョー内製ではない。

308swの走りの良さの基本は直進性の良さ。当たり前のようだけどコレがちゃんと出来ていないクルマ多いです。直進性というのはシャシー性能によるところが大きい。軽量、低重心、高剛性、と謳われている”EMP2”と名付けられた優秀なプラットフォームを採用した時点で308swの基本性能の高い走りは約束されていたんだと思います。

基本性能の高い走りと乗り心地の良さとが相まってロングドライブで確実に効いてきます。
そのロングドライブでの性能の一つに満タンからの航続距離というのがありますが、308swの燃料タンクは52L、信号の少ない郊外を走っての燃費は18~21Km/L、市街地の道路中心だとで14~17km/l。という事で700km~1000kmが満タンからの航続距離、これだけ走る事が出来ればロングツーリングでも安心です(^^)

軽油ノズル問題

このクルマは燃料を入れる時がちょっと厄介。それは軽油を給油する際のノズルの太さ。REIWAはエ〇オスで給油する事が多いんですが数店回ったエ〇オスの軽油ノズルは何処も太くて308swのディーゼルへはとても給油し辛いんです…。近所のコ〇モ石油の給油ノズルも太くてダメ… 。どうやらこの日本ならではの事のようで軽自動車だからと軽油を注いじゃう人がいるらしいです(汗)
そのような入れ間違いを防ぐ為に軽油のノズルを太くしてガソリン車に給油出来ないようにしているGSが多くなってるもよう(苦笑)。日本メーカーのディーゼル車は当然その為の給油口対策はしてるんでしょうがプジョーは欧州車なのでそんな事はお構いなし?、ガソリン車と同じように給油口が細い…。軽油でも細いタイプのノズルを採用しているGSを見つけたのは一番近所のシ〇ル石油。しかもエ〇オスより燃料の価格安いしスタッフのサービスもいい!とはいえ出先で給油する時はやっぱり心配。今のところ往復600kmを超えるようなドライブはしていないので近所のシ〇ル石油で満タンに給油しとけば事足りてるけど…。今後は自作で給油口アダプタを製作するしかないのかな~(´・ω・)

 

2019.12月
↑「軽油ノズル問題」と書いて横線で消しています、これはREIWAの早とちりでした(^^; スンマヘン
現在のGSの軽油ノズルはガソリン車に間違えて給油しないように太いノズルになっています(一部のGSはガソリンの給油ノズルと同じサイズのまま)。

プジョー308swディーゼルの給油口に太い軽油ノズルを突っ込んでみると分かりますが「えっ?…」ってなりますよ、多分…。
↓これがその給与口の写真

一見して給油口が細い!ノズルをグリグリ押し込めば奥まで入りそうだけど無理に突っ込んで抜けなくなってはマズイ、というよりカッチョわりーです、はい(笑)。

という事で軽油ノズルが細いGSを探して給油していたんです。が、お伊勢参りから帰る際、現地のGSで燃料を入れるんだけど細いノズルのスタンドがどこにあるかなんて探すのも大変です。とりあえず入ったピカピカのGSは当然のように最新の設備、軽油ノズルもしっかり太い('Д') それでも給油口の手前の数センチまでは上の画像でも分かるように給油ノズルが余裕で入るのでノズルの先端をそこまで入れ「チョロチョロ」と給油する事にしました。が、給油している最中に「なんかイケる(; ・`д・´)」そんな感触が給油ノズルのグリップを握る手に伝わってきたので給油を一旦やめノズルを真っすぐにして給油口に押し込んでみると「スルっ」と呆気なく奥まで入っていきやがりましたよ…(泣笑)。よく見ると給油口には軽油がたっぷりと付着してヌルヌルのテカテカ。なるほど滑りが良くなって給油ノズルがスルっと入っていったという事です(^^; 

ただ下の写真に写っているように遊びは一切なくキツキツですよ('ω')

このようなキツキツ仕様になってるとは夢にも思いませんでした(=_=)

お国柄

もう一つビックリしたのはエアコンの温度設定

【25】【25.5】【26】...

このような数字の上げ下げでエアコンの温度の調整をするのは国産車を含めた殆どのクルマと同じ、でも【25】に設定しても車内の温度は25°にはなりません(笑)  「なんのこっちゃ」って声が聞こえてきそうですが、簡単に言えばただの目盛りの役目だって事です

【1】【2】【3】でもいいし

【A】【B】【C】でも良いし…。

説明書を読むと「【21】に設定しておくと快適な室内になります」。との記載。

「14~28で好みに合わせて…」とも書かれてる…

どれどれとこの時期(6月)に【21】に設定すると暑がりのREIWAでも寒い…((;´・ω・))

早く慣れないと…(苦笑)

カーナビとオーディオはApple Car Prayで解決

308sw購入にあたって一番頭を悩ませたのがカーナビをどうするか、って事

結論は”Apple Car Play(アップル カー プレイ)”であっさりと解決w。

たぶん固定概念というものに囚われて”Apple Car Play”を下(した)にみてたけど、使ってみれば全然そんな事ありません。時代の進歩というのは凄いです(笑) 使いはじめの設定なども不要、車両とiPhoneをライトニングケーブルで繋ぐだけ誰でも簡単に使う事ができます。操作も7インチタッチスクリーンをスマホ同様直感で!しかも「Appleマップ」「Googleマップ」「Yahooカーナビ」と気分にあわせて利用するカーナビを変更可能('ω')

通信してるので地図はいつでも最新のデータ、新しいお店なんかも検索すれば引っ掛かります。

カーオーディオについてもiPhoneのmusicアプリを使います!これの何がいいって”Sirⅰ”に話しかければ大体の操作をSirⅰがやってくれるという事、Sirⅰに話しかけるにはウインカーレバーの先端のボタンを1回プッシュ。Sirⅰが応答してくれるので「カーナビ」と声に出してリクエストすればYahooカーナビがタッチスクリーンに展開されます。カーナビ画面上のマイクのマークをタッチして「○○海岸」などと声に出すだけで目的地の検索ができます(^^)音声認識の精度も正確なのでビックリします。

Sirⅰに「音楽かけて」と話し掛ければmusicアプリ内の音楽を再生してくれます。PCにインストールしているiTunesを使って曲やアルバムのタイトルを編集しておけばSirⅰに「○○かけて」とタイトルを言うだけで曲やアルバムを探して再生してくれますよ!

前車のヴェゼルはDIYでカロッツェリアの楽ナビを装着、その楽ナビも音声認識機能が使えるようにしてました、スマートループです。スマートループを使うには別途専用のデータ通信が必要。もちろんREIWAもそうしていましたよ。これによって音声で目的地の検索などを可能にしていました、でもApple Car Playを知ったあとではスピードも正確性もレベルが違う…。先程も述べたようにApple Car Playは一部のオーディオ操作まで音声で可能にしているので音声認識機能の範囲が違います。

楽天モバイルでデータSIMを調

Apple Car PrayとはiPhoneにインストールしている一部のアプリをクルマのシステムとしても使う事ができる機能の事です。簡単にいえばカーナビもカーオーディオもそうですが、iPhoneのアプリをクルマのデバイスとして使うって事です。

ただこの場合、通信しないと使用できないアプリってのもあります。まさにカーナビがそう。カーナビの類のアプリは通信する事で地図データも取得するので通信媒体が必要になってきます。

REIWAは最初の1ヶ月は普段から使用しているドコモ契約のiPhoneを308swに接続してApple Car Prayを使ってましたけど、着信があったり(ハンズフリーでも運転中は着信があっても出ない)メールやLINEがあると気になってないようでも実際クルマのスピーカーから音が鳴ると一瞬とはいえ気を取られるし、カーナビアプリを使用する際のデータの消費量や一番は電池のライフ面の事も気になっていたのでApple Car Pray用に新たにデータ通信用のSIMと専用端末を用意する事にしました。

データ通信用のSIMカードはネットでのレビューを参考にスピード面、安定性、料金、アフターフォローの面で評判良かった”楽天モバイル”に申込む事にしました。申込みはwebから簡単にでき1週間もしないでSIMカードが手元に届きます(笑)。

楽天モバイル

端末は以前使用していたiPhoneSEを用意。楽天から送られてきたナノSIMカードをSEにセットすればApple Car Pray専用の通信端末の出来上がりです(≧▽≦)

入手した楽天モバイルのデータ通信専用SIMカードというのは、過去通信業界にもいたREIWAが一番信頼しているドコモ回線を使っていて3.1GBプランで”972円/月(税込)”と良心的!

契約事務手数料3665円(税込み)が別途必要になりますけど、データ量的にもカーナビで使う分には3.1GBあれば十分。もしそれを超過した場合はナロースピード(0.2Mbps)で利用する事も可能だしギガを追加購入する事も簡単に出来ます。もしナロースピードになってもカーナビで使う通信速度としてはギリ使えるスピードなので情報量が多く無ければ問題ないと思いますよ。それとギガが余ったら翌月に繰り越してくれるのもいいし、テザリングを利用すれば普段使いのiPhoneのギガがピンチの時、助けてくれたりします('ω')v

既にこのシステムで1ヶ月近く運用していますが通信スピードも問題なく安定感も抜群です!
年間での料金も¥12,000-程なのでプジョーDラーで高いカーナビを装着するより遥かにお得じゃないかと(^^;

REIWAのようにApple Car Prayを使い倒すぞ!って方には普段使いのスマホと使い分けるのがオススメです。

↓コチラからもREIWAが契約しているものと同じデータ通信用のSIMを申し込みする事が出来ます('ω')ノ

クリーンディーゼルターボの公害対策や煤問題について

308sw アリュール Blue HDiに搭載されているエンジン【DV5】は最大トルク300N・mを発生する時のエンジン回転数が1750回転、これなら普通に走るだけで自然と省燃費運転になります。

【DV5】のパンチのあるパワーは16.4:1という高圧縮比から生み出されるものです。とはいえこの高圧縮(燃焼温度が高くなる)というのは曲者で光化学スモッグの原因となるNOx(窒素酸化物)という公害を多く発生させてしまいます。

今から4年前のフォルクスワーゲンによるディーゼル不正問題というのはこのNOxの大気への排出量を不正ソフトを使って最大40倍も誤魔化していたという事なんです…。

プジョーはクリーンディーゼルターボ車のNOx対策として高価な尿素SCR(NOx後処理装置)を設けることで解決する事にしました。これは日産ディーゼルが開発して現在はドイツ自工会が商標権を所有しているアドブルー(尿素水)を使用する事でNOxの無害化処理を行うというものです。エンジンから排気ガスなどと一緒に排出されるNOxが大気に放出される前にSCR触媒内の尿素インジェクターからアドブルーを排気ガスに向けて噴霧し化学反応を誘発してNOxを規制値以内に処理するのです。

当時のフォルクスワーゲンのディーゼル車には高価な尿素SCRは搭載されておらずこのような後処理は行われていませんでした、EGR(排気再循環)の量をコントロールする事でNOxに対応しようとしていたようです。

PM(煤)についてはDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)で処理しているのでマフラーから排出される排気ガスは無色で普段は臭いも気になりません(DPF再生時はゴムの焼けたような臭い)。アドブルーはおよそ10,000Kmごとに補充が必要になるとの事です、プジョーのお店で補充してもらうと5,000円/回(10L)、程度との話しでした。

クリーンディーゼル車はお上品に走っていたり短距離走行が多かったりすると、EGR(排気再循環)で排ガスと共に経由してきたPM(煤)がインテークマニホールドなどの吸気経路に蓄積してエンジンに不調をきたす、場合によっては走行不能になることも…なんて話しが一時話題になった事がありました。

REIWAはプジョーのクリーンディーゼル車を購入するにあたってその辺の事を率直に販売店の方に聞いた事があります。
帰ってきた答えというのは「ご心配する必要はありません(^^)」と一笑に付されました。これまでPM(煤)のトラブルで入庫したプジョーのクリーンディーゼル車は「知る限り1台も無いです」とのお話し。

その後REIWAが調べたところでは高圧縮クリーンディーゼルは燃焼温度が高い故NOxの発生が多くなるけどPM(煤)の発生を抑えられる、低圧縮クリーンディーゼルは燃焼温度が低くなるのでNOxの発生が抑えられる、更にEGRを増やしてNOxの量を減らす事で高価なSCRを不要にできる、しかし燃焼温度が低いと不完全燃焼がおこりPM(煤)の発生が多くなる。そんなトレードオフな関係であると…。そんなカラクリがあるらしい。

308swに乗り換えて既に3000km走りましたけどDPF再生はまだ1度もありません。ってか再生しているのかどうかも分かりません(^^; 買物などでチョイ乗りも多いですが今のところ何の問題も無く快調に走っています('ω')ノ

まとめ

308swがやって来てからは前々車であるレガシィ2.0GTブリッツェンに乗っていた頃のようにクルマで出掛けるのが楽しいです!乗り換えて本当に良かった(^^)

このクルマとは最低でも10年は仲良くやっていこうと思っています!ただ電気系統は心配…。特に7インチ デジタルタッチスクリーンが10年間故障せずに頑張ってくれるか今からドキドキです(笑)

今後もメンテナンスなどで時々308swが登場すると思います('ω')どうぞよろしくお願いします!

 

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんはじめまして!REIWAと申します('ω')ノ 2019年4月1日。新しい元号が令和に決まったこの日に新たにブログを始める事にしました( ・`д・´) クルマやバイクを中心としたブログです! マ ...

2

こんにちはREIWAです! 今年もどうぞよろしくお願いします('ω')ノ 本年一発目の今回はクリーディーゼル車用のエンジンオイルについて。 昨年末、といってもついこの前の話ですけど、我が家のプジョー3 ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-プジョー308sw(2019~)

© 2021 REIWAのはしりかた