試乗

新型プジョー2008GTライン試乗

2020年10月20日

202010

皆さんこんにちはREIWAです!

今回は9月16日に日本で発売された注目のBセグメントSUV”プジョー2008”の試乗後の感想をブログで取り上げてみます。

BセグメントのSUVというのは今一番ホットなカテゴリーに属するクルマ。以前”日産 キックスVS世界のコンパクトSUV 7車種”という記事をアップしてBセグメントSUVを取り上げた事がありますが、8月31日に発売になったトヨタ ヤリスクロス、そして今回の新型プジョー2008の登場で役者が揃った感があります。

新型2008の価格は2,990,000円(税込み)~とギリですがREIWAが予想してた通り大台を切ってきました。これは日本市場を強烈に意識しているぞ!というプジョーからのメッセージに他なりません('ω')「でも外国車はねぇ…」などとおっしゃる事なかれ!('ω') 今や外国車だからとショッピングリストから外すような時代でもありません。興味もっていただけた方はどうぞ最後までお付き合いください('ω')ノ

デザインコンシャスなSUV

新型2008、取り合えず見てやってくださいな!('ω')

プロポーションも抜群です!

どおです この佇まい!圧倒的存在感でしょ⁈ スタイリングの素晴らしさ無双です(^o^)

試乗車として用意して頂いたのは1.2Lの3気筒ガソリンターボエンジン搭載の”GTライン”。価格の方は3,429,500円(税込み)。ベースグレードの”アリュール”に充実装備を加えて43万円お高くなっています。

さらにこの試乗車には140,000円のパノラミックガラスサンルーフとヴァーティゴブルーという有料カラー71,500円がオプションで乗っかっているのでトータル3,641,000円(p_-)ジー

この試乗車には装着されていなかったけどカーナビは別途ディーラーオプションでこれが247,775円と今のご時世ではお高めな設定。でもご安心を!新型2008にはREIWAが乗っている2019年モデルの308swと同様に標準でディスプレイオーディオが装着されています。スマホを車両に接続すればアップルカープレイやアンドロイドオートでカーナビをまかなう事が可能!REIWAも308swではそうしてます('ω')ノ

因みに新型2008には”e-2008”というEV車(エレクトリック ビークル)も同時に発売されています( ゚Д゚)この”e-2008”にも興味アリアリですけど、それはまた次回という事で…。

それにしてもどーです”新型2008”、雰囲気あるでしょ?!このカテゴリーの同セグメントのデザインの基準値を三歩進めちゃいましたよ('ω') 実車見ての全体のクオリティも中々スンゴイです。塗装なんかもキレイですよ。BMW MINIと同じでヒエラルキーとかの類(たぐい)はガン無視です(笑)

この日は308swのオイル交換が目的でDラーに出向いたのですが、真の目的は新型2008のドライブだったりして…ムニャムニャ

オイル交換の作業が終わるチョット前に男前の店長から「20分くらい好きに乗ってきてください!」と声が掛かります。

洗車してくれたのか試乗車の新型2008はピッカピカです( ゚Д゚)ワオ

新世代のプジョーの走りとは

クルマの骨格の基礎であり素性を決定するプラットフォーム。新型2008のそれはDS 3クロスバックで絶賛される事になった軽量高剛性のCMP(コンパクト・モジュラー・プラットフォーム)を新たに採用。

エンジンは旧2008のターボ仕様と同じパッケージ。それでもターボ関連の技術は今でも進歩していて新型2008では馬力で20㎰アップの130㎰。トルクは2.6kgf・mアップの23.5kgf・m。2400cc NAなみの最大トルク発生時のエンジン回転数はなんと1750rpm!

トランスミッションは6ATからプジョー車では最早あたり前となった?高価な8ATにグレードアップ。どちらも日本のアイシンAW製。

このように新型2008にはプジョーの持てるリソースを惜しみなく投入しています!

REIWAもこの日を何気に楽しみにしていたので試乗とはいえ珍しくワクワク(^-^)

ワイフを助手席に座らせたらレッツラGOです(^o^)

試乗開始!

運転席のドアを開けると…「おーっ!」”GTライン”のシート表皮の一部はお馴染み高級素材アルカンターラを採用。センターコンソール周辺はピアノブラック仕上げでゴージャスに演出!全体の質感は1つ上のCセグメントクラスと同等かそれ以上('ω')

操作系はいつもドライブしている308swと同じ、スタートボタンを「プッシュ」してエンジン始動。プジョーでは今年からこのデジタルメーターのグラフィックを採用、中々カッコよろし('ω') シフトレバーを後方にクリックしたらアクセルを「クイっ」と踏み込んでドライブスタート!

最初の数百メートル、時間にして20秒も走らせれば よく引き締まったサスペンションだという事がイヤでも分かります。40km位までは308swと違ってサスペンションが積極的に動こうとする気配なし。とはいえ乗り心地が悪いという話しではないです。60扁平のタイヤを採用した意味がなるほど理解できます。

運転席から見る景色は良いです('ω') 新型2008の全高は1550mm、SUVとしては天井が低いけどワゴン車から乗り換えると見晴らしは”よかよか”(^^)デザイン的なものだと思うけどAピラーが「スっ」と立っているのは前方の視界が大きく開けるので良いですが、運転席側のAピラーが太く顔に近い位置にあるので右斜め前方向の死角が大きい…。死角になってるエリアを確認をする際は顔を前後に大きく振ってやる必要があります。助手席側は無問題。

静粛性の高さはこのクラスでイチニを争うレベルでクラスを超越しています!店長が気を利かせてくれたのかサンルーフがフルオープンになってるのに気付いたのはワイフの「サンルーフ開いてて気持ちいいね」の一言。

サンルーフがオープンでこの静けさか…。恐るべしだなプジョー…。

そう感動しつつワイフに「ちょっと閉めてみますよ」そしたら其処はもう上質なプライベート空間。なんと308swより静粛性が上とは…(>_<)トホホ

一応ここまでがファーストインプレッション('ω')

 

↓ 装着タイヤは”ミシュラン パイロットプライマシー4” 試乗前にタイヤサイズを見た時、「GTラインも215-60/17とは控えめなサイズ設定にしたなぁ…。無理なく18インチ履けそうだけど60扁平ときたか…」。でも試乗して理由がわかりましたよ。ルックスより実を取ったって事です('ω')うんうん

エンジンは1200cc3気筒ターボのピュアテックエンジン

1.2L3気筒ターボエンジンは以前308(HB)の試乗で経験済み、新型2008ではその時の印象より大人っぽく感じます。元々がレスポンスのいい元気なエンジン、それに少し丸みがでてドライバビリティが良くなったように感じました。

50Km制限の一般道、8ATが低めの回転数を使うのでエンジンの存在は余り感じない、CVTではないトルコンATなのでパワートレーンからのノイズも無し。なんかやられちゃったなって感じです。小排気量の3気筒エンジン…それでも十分ファーストカーとして通用するし快適に移動もできるクルマだなんて…。トルクがあるので低回転パーシャルからのアクセルのツキも悪くない。もちろんターボラグなど感じる事もナッシング。

まだアタリがついてない個体なので本領発揮とまではいかなくてもアクセルを踏んで体力を計ってみる事にします。十分安全を確認した上0発進~××キロまで体力測定をしてみます(; ・`д・´)

「ブオォォーーーン」

130㎰、23.5kgf・mのガソリンターボエンジ積んでるので退屈な走りなワケないです。中々速いです!

レースでもしない限り不満など出ないでしょう。実際にタイムを計ったら0-100㎞/hで8秒半ば~9秒位かと。それでもDV5(1500ccクリーンディーゼル)を積んだ308swより伸びがある分加速力があるように感じました。

この時の1.2Lターボエンジンと8ATのこの組み合わせはギアを繋ぐ度に「グっ」とクルマを前に押し出していく感覚があって面白いです。まるでマニュアルミッション車のそれに似た感覚(^o^)ここでもダイレクト感の強い8ATが良い仕事してます。

そしてこのような事をして楽しんでいる時でもメチャメチャ静粛性が高いのにはあらためて驚きます、ロードノイズもバッチリ対策されています。静粛性の高さはプジョー車の美点の一つです。

シャシー性能はどんなもんでしょう

この新型2008も308sw同様直進性がとても良いです。直進性の良さは欧州車全般にいえる事。真っ直ぐはひたすら真っ直ぐ、直進時に修正舵など必要なし、そんな感じです。ピッチングも良く抑えられているので多くの方はこのクルマのハンドルを握ると洗練されたクルマだと感じるはずです。

ステアリングは切り始めはパワステ軽め、この電動パワステは308swのと違って少し癖(フリクション)みたいなもを感じます、でも自分のクルマになれば慣れちゃうので特に気にする必要もないでしょう。

繰り返しになりますが、サスペンションは308swと違いよく引き締まっていて40km以下ではハーシュネスを意識します。路面からの「コツ、コツ」などですね。全高は1550mmとSUVとしては低めな新型2008、それでも重心位置はそれなりに高いのでスタビリティとのトレードオフでサスペンションの動きを抑えているのでしょう。現在のコンパクトSUVのトレンドもスポーティというのがキーワード。ネコ足ではないけどこれは方向性の問題という事で。

制限速度の上限60kmの道路、この辺のスピードレンジに入ると乗り心地にフラット感がでてきて思わずニンマリ。

まだ走行500kmと下ろしたての新車だけどスピードが上がるとサスペンションがしっかりと動いてきます。

以前から10年、20年は日本車より進んでいると言われている欧州車の足回り。コストもしっかりと掛けているんでしょうね。

それではハンドリングも楽しんでみます('ω')v
制限速度上限付近からの右コーナー。少し強引にステアリングを切ってみるも何も起こらず平穏そのもの。フットワークが軽くクルマの向きが変わるのが早い。無駄な動きがなく切ったら切ったぶんだけ曲がっていくさまはSUVのスポーツカー( ゚Д゚) ヨーが発生してもロールを感じないっていうのもそれに輪を掛けています。

 

”GTライン”というグレード名通り新型2008は現代のグランドツーリングカー、旅車(たびぐるま)です。ハイウェイ、ワインディング、力強く駆け抜けていく姿が想像できます。リアシートのバックレストを倒せばソコソコ大きな荷物も積載可能。
このクルマで旅に出る事が出来たらさぞかし…そう思わせるクルマです。

グランドツーリング…。ヨーロッパの人達は沢山の荷物を積んでクルマでの大旅行を楽しむ。昔からそのような話しを聞いたり映画でも観たりしますけど、新型2008に乗ればそんな背景もみえてきます(・ω・)

 

↓新型2008のラゲッジルーム。リアシートのバックレストは6:4の分割可倒式

↓バックレストを倒せばフラットな床面が出現。使い勝手は良さそうです。

 

チョットここは…って」感じたところ (・。・;

あれれ…シートどうしちゃったの?
REIWAが乗っている308swの中で一番気に入ってるのがドライバーズシート。多くの方の評価でもプジョーのシートは評判が良いんだけど、新型2008のドライバーズシートは座面(お尻の部分)がカテーです(;・∀・) 
それとこのクラスではやはりと言うべきなのかランバーサポートが付かない、バックレストの形状もREIWAには今イチなんだよな…。長時間の運転は修行になるかも…

またまたシート関係のお話。下の画像では分かりにくいかも知れないけどヘッドレストの角度が結構キツイです。万が一のむち打ち対策なんでしょうが、はっきりいって不快です。とはいえ現在のシートは何処のメーカーもこんな感じ…。(308swはヘッドレストの角度無問題です)

下の画像で分かると思いますがサイドシルの位置が高いです。剛性を高めるためなんでしょうけど見た目以上に足を上げないと乗り降りできない(苦笑)ルーフもそんなに高くはないので開口部全体が狭く感じます。隣にクルマが寄せて停まっていると体のカタいオッサンにはちょっと厳しいか…?w。タイトスカートやミニスカートの女子も要注意でっせ('ω')

リアゲートを閉める際の取っ手くらいつけましょうよ(p_-)

まとめ

店長から20分くらい好きに乗ってきてください。と見送ってもらい出発しましたが実際は50分くらいお借りしてました(苦笑)それでも女性スタッフの方はいつものステキな笑顔で出迎えてくれますf(^^; 遅くなってスミマセンです、はい

時間を忘れる位くらい興味の湧いてくるクルマ…。REIWAもヴェゼルハイブリッドZの元オーナー、コンパクトSUVは好きなカテゴリーのクルマです。新型2008はコンパクトなクルマだけど欧州車の誇り?貫禄?そのようなものを感じます。ヒエラルキーもガン無視(笑)なので”一つの完成されたクルマ”という印象を強く受けました。

新型2008を積極的に選んで購入する方(かた)というのは他人の勧めで特定のクルマに興味を持ったり ましてや購入するといった事はしないと思います。自分を表現するアイテムでありファッション、自らが選んで手に入れたモノに価値が宿るという事を理解している人が選ぶクルマ

なので長々と試乗後の感想を書きましたけど新型2008をオススメする事はしません(笑)迷っている方の背中も押しません(爆)

REIWAの感想を聞いて更に”新型2008”への興味が湧いた方は是非プジョーディーラーまで足を運んでご自身で試乗して確かめてみてください('ω') その場合一つ注意する事があります、それはREIWAが308swでそうであったように1発でハートを撃ち抜かれてしまうかもしれないという事…。どうぞご注意を!(*´з`)

それでは本日も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました('ω')ノ

このページをチップで応援

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんはじめまして!REIWAと申します('ω')ノ 2019年4月1日。新しい元号が令和に決まったこの日に新たにブログを始める事にしました( ・`д・´) クルマやバイクを中心としたブログです! マ ...

2

こんにちはREIWAです! 今年もどうぞよろしくお願いします('ω')ノ 本年一発目の今回はクリーディーゼル車用のエンジンオイルについて。 昨年末、といってもついこの前の話ですけど、我が家のプジョー3 ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-試乗

© 2021 REIWAのはしりかた