NC700X (2012~) ユーザー車検

NC700X ユーザー車検 2021【4回目】

2021年5月17日

みなさんこんにちわ!

REIWAです('ω')ノ

今回はオートバイの車検を取り上げます。
ユーザー車検です('ω')

前回の車検もこのブログで取り上げているので、今回は違う目線ですすめていきたいと思います。
('ω')v

書類の作成が簡単になっとる!Σ(゚Д゚)

2021.05

ユーザー車検の予約方法や必要なもの、掛かった費用や点検記録簿のダウンロードなどは前回のユーザー車検の記事を参考にして下さい('ω')

前回と違った事といえば、この4月からは、陸運事務所で記入する例の3枚の用紙の扱い方
”自動車検査票”
”継続検査申請書”
”自動車重量税納付書”

これらが、ネットで予約した人に限り車検証のQRコードからプリント可能に!
用紙を受け取ってから記入する箇所といえば、名前と住所だけなんでござんす。
これで5分~の時間短縮が可能に、おまけに混雑緩和にも効果を発揮!
これもそれもコロナ禍の影響か…

まぁそんな訳でこの後はこれまでと少し導線が変わってきます。
陸運事務所に到着したら最初にする事は…

①今お話した新兵器の↓コレに車検証のQRコードを読ませて3枚の用紙を受け取る。
必要箇所に名前と住所を記入。

②自賠責保険の継続(今回のREIWAのように事前で馴染みの保険屋さんで継続してきた場合ここはスルー)

③重量税の支払い(少なくともオートバイには不要だと思うよ)

④ユーザー車検の受付をする

事務手続きはここまで('ω')

いざコースイン!!

いつも通りオートバの方は1コース!

2年前と違ってガラガラ 
これならすぐに終わりそー
\(^o^)/

最後尾についてから10分もしないでREIWAの順番('ω')v

最初にやるのは灯火装置の検査

下の画像はNC700Xに装着しているドライブレコーダー”VSYSTO P6F”のリアカメラで拾った映像です。
つまり映像に写っているのはREIWAの後ろの受験者と検査官
(^^; すいません、ユーザー車検初めての方の為にご協力ください

検査ラインに入る前にここで灯火装置~外観チェックまでひと通りの検査をおこないます。

ウインカー
ヘッドライトハイビーム
ブレーキランプ
ナンバー灯

バックミラー
走行距離
車体番号
ハンドルロック

マフラーを交換していれば騒音量も計測

ここまで問題がなければいよいよ検査ライン!

検査ラインに侵入、いや進入(笑)

このあと検査するところはこんな感じ('ω')
場内は基本撮影禁止になっています。でも全ての画像はドライブレコーダーの映像を静止画として取り出したもの。
初めてユーザー車検にチャレンジする方が安全に検査がおこなえるように紹介しているので大目にみてやって下さいな(^^;
言うでしょ、百聞は一見に如かず、って!

ここでの検査というのは電光掲示板からの指示に沿って進めていきます(オートバイの場合、検査官も横についてサポートしてくれます)。
電光掲示板ばかり見上げているのも危ないけど指示を見落とさないように!

フロントブレーキ検査

下の画像は前の受験者のフロントブレーキ検査の様子。(^^; すみません、ご協力ください
ローラーとローラーの間にフロントタイヤを乗せています。
電光掲示板の指示に従ってギアはニュートラル

ローラーが音を立てながら回転し始めます
電光掲示板から目を離さないようにします。
”ブレーキをかける”
と表示されたらブレーキレバーをしっかり握り込み愛車の制動力を堪能します('ω')

電光掲示板に下の画像のような結果が表示されたらバッチグー!って事

電光掲示板の指示に従ってバイクを前進させローラーとローラーの間に後輪を乗せます

スピードメーター検査

NC700Xのスピードセンサーは後輪側についています。前輪側についてるバイクもあるので検査ラインに入る前に備え付けの機械で予め選択しときます。

ローラーの上に後輪を乗せたらバイクを真っすぐ起こし安定させます。
電光掲示板を見上げると”ギアをニュートラルに”と表示されるので指示に従います。
続く指示に従って左足は”フットスイッチ”を踏みます。

ローラーの回転が始まります。
電光掲示板には”40キロでフットスイッチから足をはなす”
と表示されるので、バイクのスピードメーターをよく見て40km/hになったらフットスイッチから足を離します。
その時バランスを崩さないように注意でっせ!
(  ・`д・´)

フットスイッチから足を離すとローラーが回転をやめます。
電光掲示板に

と表示されたら、そのままリアブレーキ検査に入ります('ω')

リアブレーキ検査

やり方はフロントブレーキの時と同じ。

でもここではリアブレーキを積極的に使ってる人ほど不安を覚えるかと思います。
というのも現在のバイクはリアブレーキの利きが甘い、そう思ってる人が多いから。

でもちゃんと整備しているバイクなら大丈夫。効きが弱いように感じていてもしっかり効いてますから。

とはいえリアブレーキ検査の時は渾身の”全体重載せの呼吸”でブレーキペダルを踏み込みますよ!
もうね、シートからお尻浮いちゃうくらいw

で、結果はもちろん

電光掲示板の指示に従ってバイクは移動せずそのまま待機
光軸検査に入ります('ω')

光軸検査

これだけは何回経験してもドッキドキ(笑)

これこれ、こ奴ですよ
目の前に現れてくるんでやんすよ!

さあスタンバイOK

コッチを向いて舐め回すかのような動き…
じっくり検査されちゃいます(〃ノωノ)

さて結果は!

いやー、この瞬間の安堵感たるもの…

何度経験しても「ホッ」とします
ε-(´∀`*)ホッ
電光掲示板の指示に従ってバイクを前進させ、”自動車検査票”にここまでの検査結果を記録します。

排ガス検査

ん?
おねーさんが、こっちゃ来いと呼んでいます
f(^^)

おねーさんの指示に従ってバイクを前進させ右側の白枠内にバイクを停めます。

さするとこれを「どうぞ」と御丁寧に両手で渡されます。

このプローブとやらをバイクのマフラーに突っ込んで排ガスの検査をするんでやんすよ。

待つこと数十秒…
「〇」にランプが灯ればOK!
('ω')

おねーさんが記録までしてくれるなど、このセクションは至れり尽くせりなんでございます、笑

バイクを安全な場所まで移動させ総合判定室に全ての書類をバインダーに挟んだ状態で提出します。

総合判定室

総合判定室の小窓から書類を提出。すると何やら「ボソボソ…」言われます。でも全ての検査に合格した人には大したことを言ってないと思われるので、書類を返してもらったらこの場からさっさと立ち去ります、笑

車検証交付窓口

車検証交付窓口は最初に立ち寄った建物の中にあります。陸運事務所によっては別の建物の場合もあるので、その場合は探してください(笑)
大体人が集まっているような所が車検証交付窓口です。

この窓口に車検証と例の3枚の用紙を提出すれば10分以内に新しい車検証がもらえます。

今回のユーザー車検に掛かった費用は

自賠責保険(24ヶ月)¥9,270-
重量税¥3,800-
検査記録印紙¥400-
審査証紙¥1,300-

合計¥14,770-

いかがでしたか?
簡単そうでしょ。でもユーザー車検には自己責任が伴います。車検の事はもちろん、整備の事までしっかりとした知識を身につける必要があります。
自己責任や検査、整備のやり方に自身を持てない方は資格を持った整備士がいるホンダドリームをはじめとしたバイクショップに車検を依頼する事をすすめます('ω')

はじめてユーザー車検にチャレンジする方にはエールを送ります('ω')/ガンバレー

それでは今回はこの辺で失敬

本日も最後までありがとうございました('ω')ノ

※文中に掲載した画像は全て ↓ このドライブレコーダーで撮影したもの。前後200万画素のSONY製カメラ搭載です('ω')

あわせて読みたい
バイク用 ドライブレコーダー取り付け NC700X

7月の豪雨災害の被害にあわれた九州地方、中部地方、その他の地域の方、その関係者の方に心よりお見舞い申し上げます。 6月30日からあおり運転は「一発免許取り消し」 7月も中盤を過ぎたというのに記録的に降 ...

続きを見る

 

 

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

はじめまして! REIWAです('ω')ノ 2019年4月1日。新しい元号が令和に決まったこの日に新たにブログを始める事にしました クルマとバイクのブログです(^^) マイペースで進めていくのでノンビ ...

2

こんにちはREIWAです! 今年もどうぞよろしくお願いします('ω')ノ 本年一発目の今回はクリーディーゼル車用のエンジンオイルについて。 昨年末、といってもついこの前の話ですけど、我が家のプジョー3 ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-NC700X (2012~), ユーザー車検

© 2021 REIWAのはしりかた