NC700X (2012~)

2020年【パイロットロード2】NC700X タイヤ交換 ※追記あり

2020年6月29日

こんにちは!REIWAです('ω')ノ

今回はタイヤ交換です(^^)
今年の夏休みや秋の行楽シーズンはバイクに乗ってアッチにコッチにと旅に出掛けようと考えています。その下準備のひとつとして〈キャッシュレス5%還元〉が終了する6月末までにショップさんでタイヤ交換をお願いしたという訳です。

去年の夏休みは…

ここ何年かの夏休みはといえば沖縄本島、宮古島、八重山地方へ行きマリンレジャーや夜は夜で旨いものに舌鼓をうつなどして楽しく過ごしてたけど、おととし去年は百年に一度レベルか?と思うほど天候に恵まれず直近はまさかの4連敗…。はい、これ台風の事っス(苦笑)。島に上陸するとその日の内に近海で台風発生…そして台風と過ごし台風と共に島を去る。といったデジャヴ…。今年は「夏休みどうするかねぇ~」なんて考える前にコロウイルスの災禍。移動制限が解除されても飛行機に乗って遊びに出掛けたりする気分にはならんです…。というわけで夏休みは密を避けて川遊び(ラフティングとか)やキャンプ(グランピング)、BBQを楽しんじゃおっか、と。以前は夏休みこんな感じで楽しく過ごしてた事ありました('ω') それにまだ行った事がない場所(とこ)にもバイクで行きたい!またそんな衝動にも駆られております、はい('ω')

※下の写真は十年前の夏休みに撮影したもの。当時の愛車CB400SSですね('ω') リアキャリアには荷物をもっこりパッキング、イエローコーンのタンクバッグにはすぐ取り出せるようにレインウェア、そしてサドルバッグをパンパンにして出発したのを覚えていますよん♪そんでワイフを乗せて1泊目の目的地である新潟県の銀山平キャンプ場へ。テントとマットは現地でレンタルして設営。なのでタンデムツーリングだからとキャンプツーを諦めなくても全然大丈夫('ω')v。因みにこの時のサドルバックの中はというとほぼ食料、料理人でもあるREIWAが下ごしらえしたBBQ用のお肉なのでした(笑)

少し話が脱線しますけど、今どきはバイクにもドライブレコーダー必須になってきましたね。事故にあった場合の証拠だけじゃないですよ。6月30日から施行される改正道交法では「あおり運転」を行ったとされる場合、「妨害運転罪」が適用されて3年以下の懲役または50万円以下の罰金にくわえて一発免取りになります、これによって被害者がいなくなれば良い法改正なんですが、思いもよらず加害者として身に覚えのない事で検挙される事があるかもしれません。
という訳で夏休みに向けて二輪用の【防水&Wi-Fi】ドライブレコーダー【VSYSTO(ブイシスト)P6F】もAmazonでゲッツ!備えあれば患いなしです。
興味ある方はバイクへ取り付けた時のブログも作ったのでどうぞご覧ください('ω')
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

約5年ぶりのタイヤ交換

さて、今回お世話になったのは東京府中市の「レーシングマックス府中店」さん。甲州街道沿いにあるお店で新宿から向かっていくと左側にお店があります。REIWAは今回がはじめてですが、人気のお店のようで予約した時間の15分前に到着すると数台のバイクが停まっています、因みにこの日は土曜日。左足でサイドスタンドを掛けエンジンオフ、メットのチンガードを上げもう片方の手でトランクを開けようとしたところで早速とばかりに人生のパイセンのおじさんが近づいてきて「あっ!そこトランクなの?!…へぇ~。いーなー。へぇ~」とNC700X最大のチャームポイントを褒めてくれたりします(笑)バブル世代のREIWAよりパイセンの方ばかりで不思議と安心した気持ちに…(笑)

↓ 因みにこれが交換前の【ミシュランパイロットロード4】のFタイヤで 約12000km走行。
センター付近でスリップサイン(1.6mm)に到達しちゃってます(汗)

↓ Rタイヤも同じく【ミシュランパイロットロード4】でこちらは9000km走行
センター付近で約2mm残ってとこです。

そんなこんなで初対面の方と雑談しながらお店の前で待っているとREIWAの順番。ピッタシ予約した時間ですね。入れ替わるように作業場から出てきたピカピカのGSXーR1000。乗ってる方はというと明らかにREIWAよりパイセンの紳士。革のセパレートのスーツと正装で来られていました。この日の気温33°(アヅイ)…お疲れ様でした!(`・ω・´)ゞ

↓ タイヤ交換を待つ愛車NC700X。泣いたり騒いだりする事もなくイイ子にしています(*´з`)

↓ 新しいタイヤはF、Rとも【ミシュラン パイロットロード2】。現在のミシュランのツーリング向けタイヤはプレミアムラインの【パイロットロード5】と廉価版の【パイロットロード2】の二本だてとの事。

↓まずは”サクッ”とリアタイヤを外します

↓ハブダンパー、スプロケットまだまだ頑張るぞっ!

↓ "ウニュウニュ~"

↓ ”オリャ~”

バランスを取り終えてリアタイヤを車両に装着したら休む間もなくフロントタイヤに取っ掛かります。

↓まずは「ツルゾーくん」登場! ハンドルの中心部分からワイヤーで吊る事によってフロントタイヤを地面から浮かせます。

↓フロントはホイールを外す際にブレーキキャリパーも取り外しますが、その際ブレーキホースに負担が掛からないようにキャリパーを布の袋に入れて「ツルゾーくん」に吊り下げてくれます。何もせずキャリパーを「ぶらーん」とさせておくショップもありますが、そのようなショップには次は行かないですね。気分的なものです、はい。あっ、そうそう、そのキャリパーぶらーんのショップでは必要も無いのにサイドスタンドを軸にして「どうだ!」とばかりに方向転換を披露してみせたり(客のバイクでコレやるの初めてみましたよ(-_-メ) また聞いてもいないのに「NC700Xってバイクは…」なんてNC700Xのダメ出しをペラペラと語りだす始末(-"-) 当然そのショップには二度と世話になること無いし人に勧める事もありません。

↓ フロントタイヤも丁寧にバランスを取ってくれています。

バランスを取り終えてフロントタイヤ、フロントキャリパーを車両に装着したら、ブレーキをニギニギ、フミフミして終了です(^^)

初めて訪れたショップでしたが、満足いく仕上がりでした(^-^) おひとりで作業されていましたが、会話も明るく言葉遣いも丁寧。作業のほうも落ち着いた仕事っぷりでスムーズにすすめてくれました。これまでタイヤ交換2回に1回以上は練馬区のBさん(信頼できる二輪タイヤ専門店)にお願いしていましたが、今回はじめて訪れたレーシングマックス府中店さんも信頼できるショップとして皆さんにおすすめ出来ます。ただお忙しいお店のようなので時間帯によっては問い合わせや見積もりはメールでおこなった方が作業の邪魔にならず良いかもしれません。REIWAは作業日の予約までメールでやりました(笑)

因みに今回交換した「ミシュラン パイロットロード2」は13年程前に発売されたタイヤでその後の各社ツーリング向けタイヤに多大な影響を与えた言わば伝説的なツーリング向けタイヤです。その後ロード3、ロード4発売に伴い市場から一旦姿を消したかにみえましたが、ロード5が登場したあたりからロード2をまた目にするようになりました。冒頭にも書きましたが、ロード5がなんとも高価なタイヤなのでそこまでの性能を必要としていないライダー向けにロード2を投入して下支えしているようです。ショップの方の話しでは、現在のロード2もコンパウンドは当時のロード2と同じ、製造している工場が当時と違うだけ、と教えてくれました。

参考までに今回掛かった費用です(税込み)

Fタイヤ(120-70/17) ¥12,300
Rタイヤ(160-60/17) ¥16,000
交換工賃(F+R)      ¥7,000
ゴムバルブ(F+R)       ¥700

合計          ¥36,000

5年前は当時のパイロットロードシリーズ最新のロード4でもタイミングさえ良ければ4万円以下で装着する事が出来ましたが、消費税が上がったり原材料費の上昇もあってか現在のパイロットロードシリーズ最新のロード5では5万円!なので今回パイロットロード2をこの価格で装着できたというのは上出来です。レーシングマックス府中店さんでは、当面この価格でロード2を販売します、との事でした。他店と比較すれば分かりますが一目瞭然!安いです!

※ニュータイヤ(パイロットロード2)の写真撮るの忘れちゃったので近々天気のいい時に皮むきに山坂道に行ってくるのでその時に撮影してこのページに【追記】でアップさせていただく事にします(^^;
それでは、今日も最後までお付き合いしていただきましてありがとうございました!

※追記 パイロットロード2 

2020.7.21
記録的なナガツユ。この日もドヨ~ンとした冴えない天気。でも天気予報をみると夕方までは大丈夫そう。
という訳でロード4からロード2に交換してから1ヶ月弱、やっとバイクで出掛ける気分に('ω')

手を振ってくれてますね!ありがとう。お気を付けて!(^O^)ノ

左にブーーーン

右にブーーン

やっぱバイクはいいね~(^_-)-☆

この日は警察の車両と沢山出会ったなぁ。この画像の路線だけで6、7台くらい?…所々で取り締まりやってたんでしょうなぁ…という訳で帰宅してからこのエリアの公開取締情報をスマホで見てみるとちゃんと「速度超過」と予告されてました(^^;アブネェアブネェ

さて、交換後いつも感じる事ながらニュータイヤは気持ちがイイです(^^) 右に左にバンクさせても(軽くだけど)癖の付いてないニュートラルなハンドリングはやっぱ気持ちヨカとです(*´Д`)それと古いタイヤからの交換だったので弾力が全然違いますね。乗り心地?「苦しゅうない苦しゅうない」(笑)
 ロード4とロード2の違いは、ロード2の方がハッキリと軽快な印象です。ロード4は新品時から暫くはモッチリモチモチしてましたから(^^; でも好きでしたけどねロード4の快適な乗り心地。このロード4と比較するとロード2はモチモチ感が薄い分応答性がいいです、だけどそれはツーリング向けのタイヤとして適切な範囲での軽快さ。多くの方は山道なんかではロード2の方がしっくりくると思います。ロード4の場合そこそこハイペースで山坂道を駆けってコーナーでバンクさせるとトレッド面が動く?感じがしてましたからね(グリップ感は路面をしっかり掴んでいる感じがちゃんと伝わってくるので怖くはない) 。ウエットな路面は交換後のロード2でまだ経験してないけど、これはロード4のグリップ力には敵わないでしょうね。ロード4は雨用タイヤですから(←半分本気半分冗談w) ただ現在では殆どツーリングでしかバイクに乗らないってのもあるし今日走ってきた印象ではロード2で十分過ぎ。ミシュランタイヤらしくタイヤが丸いしオッサンにも優しい乗り心地なので大満足です(^^)
(雨予報の出ている日はツーリングには行きません(^^;)

新品から150km程度走ったパイロットロード2のリアタイヤ

 

コチラはフロント。この日の走行ではサイドまで剥けませんでした。センターもまだ髭ボーボーですw

タイヤ交換後しばらくの間は小まめに空気圧のチェックを行うようにしてくださいね。1ヶ月で30kPa(キロパスカル)くらい平気で落ちる場合があります。
それでは、皆さんも安全運転で('ω')ノ
今日も最後までありがとうがざいました。

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんはじめまして!REIWAと申します('ω')ノ 2019年4月1日。新しい元号が令和に決まったこの日に新たにブログを始める事にしました( ・`д・´) クルマやバイクを中心としたブログです! マ ...

2

こんにちはREIWAです! 今年もどうぞよろしくお願いします('ω')ノ 本年一発目の今回はクリーディーゼル車用のエンジンオイルについて。 昨年末、といってもついこの前の話ですけど、我が家のプジョー3 ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-NC700X (2012~)

© 2021 REIWAのはしりかた