バラスポCR-X (85’~88’)

初めてのクルマ ☆ ホンダ バラードスポーツCR-X1.5i ☆彡

2020年2月22日

2020.02.22

皆さんこんにちは!

REIWAです('ω')ノ

年明け早々から世界を震撼させてるコロナウイルス、未だに収束の目途が立ちませんね…
現在のこの国の状況は世界の他の国々から見るとコロナウイルスが蔓延しているように映っているのではないでしょうか?

この様な状況に中でも東京オリンピックは予定通り開催すると声高にアピールしてる人もいますけど、なんか聞いてて呆れてしまいます、
コロナウイルスが原因で亡くなっている人もいるとの報道もあるし今後これがどうなるかも予想出来ない…大規模なイベントを行う環境にないのは確かです、

誰にとっても経済は大切ですがけど、頑張って取り返す事は出来ると思います、決まった事…そんな理由で始めてウイルスを蔓延させ事にでなったら取り返しのつかない事に…
ここで政治や行政の話しをつもりはありませんけど、これまでの対応をみてると国民の為に頑張れる立場の人がもっと行動していかなければ!そう思ってしまいます…

今日から三連休、皆さんやそのご家族の方にはくれぐれもコロナウイルスにお気を付けて下さい、と言わせてもらいます。

ブログネタ

冒頭で述べたコロナウイルスの影響で年明けから仕事以外での外出を控える事にしているREIWA

必要な物の買いだしには行きますけど、寄り道せずに真面目に帰宅w

そんな訳でクルマやバイクのメンテナンスも必然的にありません、イコール、ブログネタがない(苦笑)
(-。- ; y-゜゜゜(←タバコやめて4年)

何か話題になる事ないかなー
その様に考えを巡らせていたら年末の片付けの時に見つけた古~いの写真の事を思い出します('Д')あっ!
REIWAの初めてのクルマの写真です

今回はその写真を見ながら何か書いてみよう、そう思いたったしだい
(^^;
皆さんには何の役にも立たない記事になると思いますけど、お時間のある方はどうぞお付き合いください(^^;

1983年 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車

じゃーん!

今見てもカッコイー(≧▽≦) 笑。 このクルマ分かった方✋・・・。はい。オジサンです、笑。

写真のクルマは《ホンダ バラードスポーツCR-X1.5i》。1983年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したクルマです。この当時の日本カー・オブ・ザ・イヤーの賞の重みは現在とは次元が違います、1年の間に発売される話題のクルマの数も注目度も今と全然違いましたから。
リアをスパッと切り落とした如何にも走りそうなお洒落なスタイルはジウジアーロ氏率いるイタルデザインの手を借りたなんて耳にした事がありましたがホントの事は分かりません(^^;
1年半落ちの低走行車、鉄ホイールの5MTの中古車でコミコミ120万円位だったでしょうか、愛車カワサキGPz400Fを売却して得たお金の一部とバイトで稼いだ僅かな資金以外はまたまたローンです。大半をローンで購入したこのクルマは見事なまでにド・ノーマル。なので相変わらずバイトで稼ぐお金はローンの返済とバッチリキメる為のカスタム費用でその殆どが消費されていきました(;_;)/~~~ 
まずはお約束通りアルミとタイヤ。無限の本革ステアリング(当時はノーマル車の殆どはウレタン)。フォグ付きのエアロにサイドステップ、そしてリアには無限のリアスポいれたらオリジナルカラーにペイントに出しましょう(笑)。セブリングのマフラーと赤いKONIのショックアブソーバーで官能的な走りに。ステレオ&スピーカーはもちろんケンウッド。その他もろもろってとこです(笑)

ライバルはフェアレディZ?

この当時というのはバブル前夜の1980年台半ばです。夜な夜な峠に繰り出していました(^○^;。あの有名なお豆腐屋さんの漫画のように峠道に集まるクルマ多かったです。REIWAも週の半分くらい通う事もありましたよ。この様な光景は当時では珍しい事でもなかったです。
ここでREIWAの乗っていたCR-X1.5iという名前の由来などをご紹介しておきます。CAR(カー)RENAISSANCE(ルネッサンス)-X(未知数)に排気量の1.5。iはPGM-Fiの事で当時はまだ新しい技術のインジェクションを表していました。1500ccで最高出力はグロスで110PS。今では平凡な数値ですけど当時としては高性能なエンジンである事を示すスペックでした。このエンジンを積む車体には新素材の樹脂であるH.P.アロイやH.P.ブレンドを要所要所に採用するなどして800kgと超軽量に仕上げる事に成功しました、こういうチャレンジングな所がホンダらしいところで、今(?)も昔もアイデア満載なのがホンダの良いところだと思います。乗れば想像以上の戦闘力で相対的にみれば真っ直ぐでも速いクルマでした。今でも親友のTはこの時Z130(フェアレディZ)のニッパチ(2800cc)に乗っていて互いにクルマを出動させてる時は状況次第で0-100km(高速道道路だったかな?…)やってましたが優劣つかない程いつも同じでしたね、相手は倍近くも排気量があるクルマでしたからCR-Xの頑張りには当のREIWAも結構ビックリでした('ω')v でもこのクルマの真骨頂はクネクネ道です。山坂道です。峠道です。いつも走っている峠(ホームコース?)だけじゃ飽き足らずヨソの峠まで遠征する事もあったくらいです。お豆腐屋さんの漫画でもありますよね。ただそんなシチュエーションでも地元の方と顔を突き合わす事も無ければ喧嘩になるような事もありません('ω')。集まっているのは走るのが好きな人達です。ただチンタラ走ってると思いっきり煽られます(^^;
そこで一緒に走るクルマはといえば、AE86って呼び方の方が一般的になったトレノやレビン。最初のクルマの本命だったけど高価で手が届かなかったMR2(AW10)やFRのスターレット(KP61)もいたし韋駄天(KP71)もいました、初代RX-7もまだまだ現役。最新スペックのファミリア4WDターボが現れた時は「おぉーっ!」って結構インパクトありましたが実際はそんなでもありませんでした(苦笑) その中でも一番手強かったのは身内(?)でもあるワンダーシビックなどのホンダ勢です。ホンダ車はホント峠で速かったです。
話しはいつもの峠に戻りますが、ここでは週末の夜ともなると大勢のギャラリーが集まってちょっとしたイベントのようになっていました。そこに程よく車高が落ちた白いプレリュードSi(BA1)がやってくる時があります。このプレリュードめちゃっ速なんです。唯一「ツイテケネー」とREIWAにパンチを見舞ってくれたクルマです。というか人です。2回か3回一緒に走ったと記憶していますがヤバい速さです(笑)。その方とは話しをした事もなければ顔を見た事もありません。しかしクルマに乗れば会話など必要ありません(←カッコイイ、笑)
はじめ方はこうです。スタート地点でハザードを出して誘っているのを見つけたらその背後にクルマを停めます。そのままでいると更にその背後クルマが連なることがありますがそのまま2台で走る事が殆どです。前にいるクルマがハザードを止め右ウインカーと同時にゆっくりと動き出すのでそれを待ってコチラもそれに続きます。互いに間合いを探ってローリングスタートで開始です!
前を走る白いプレリュードは出足も良くコーナーを過ぎる度に引き離しに掛かってきます。コーナー3つ4つ過ぎた辺りでは「ちょっと!ちょっと!アンタっ!」って叫ぶほど引き離されてたと思います(汗)。相手の心臓は2LツインカムのB20A…直線も速っえぇ~~…。ぬわわキロオーバーでコーナーにブレーキランプが消えていくのが見えるとコチラも左足ブレーキを「チョンチョン」と当てアンダー消しながら突っ込んでいきます。コーナーの途中からラグナセカのコークスクリューのように下っているギャラリーが集まるコーナーでは空中を飛んでみたりして色んな意味で頑張ります!(^^; 空中走りにはコツというかやり方がありますがココでは書く事が出来ません、何故か?それは今それをやると違法だからです(笑) そんなこんな頑張って走ってみても終わってみれば負け惜しみも出ないくらいの速さと上手さがそのプレリュードにはありました。ドライバーはプロレーサーかそれに近い方なんじゃないか…そう思いました。いま思い返してもそう思います。

 

CR-Xとは

海水浴やロマンティックな夜の海(笑)。映画を観に行ったりショッピングにも沢山行きました。毎日一緒でしたよ。だって必要もないのに駐車場で車中泊もしてましたし(爆)。まだまだ沢山の思い出や出来事あります。3年弱で手放したクルマでしたが一番思い出深いクルマだったかもしれません。もし機会があるならばもう一度ハンドルを握ってみたいと思わせるクルマです。
今日のところはこの位で('ω') 最後までご覧くださりありがとうございました(^○^)

※自動車の運転をする際は交通法規を遵守し心にゆとりを持って運転してください。思いやり運転が交通事故を減らします。私もそうしています。

おまけ

30年以上たった今でも《バラードスポーツCR-X》のミニカーやプラモデル売ってるんですね!なんか嬉しいです。なんか買おっかな('ω')

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんこんにちは! はじめまして REIWAです('ω')ノ 2019年4月1日 新しい元号が令和に決まった今日この日にブログを始める事にしました その内容はといえば、クルマとオートバイのメンテナンス ...

2

皆さんこんにちは! REIWAです ('ω')ノ 今年もどうぞよろしく (^_-)-☆ さて、2020年一発目はクリーディーゼル車のエンジンオイルについて話してみようと思います 昨年末、といってもつい ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-バラスポCR-X (85’~88’)

© 2021 REIWAのはしりかた