GPz400F(84’~85’)

”空前のバイクブーム”と”奥多摩有料道路” GPz400F

2020年3月27日

皆さんこんにちは!

REIWAです('ω')ノ

前回は昭和時代に乗っていたクルマとの思い出話

今回はそれより”も少し”前のオートバイのお話

きっかけは年末の片付けの際に発見した古い写真…

そんな古い写真もプリンターでスキャンすれば簡単にブログにアップする事が可能!

そんな訳で第二弾始めていきます
f(^^

あわせて読みたい
初めてのクルマ ☆ ホンダ バラードスポーツCR-X1.5i ☆彡

2020.02.22 皆さんこんにちは! REIWAです('ω')ノ 年明け早々から世界を震撼させてるコロナウイルス、未だに収束の目途が立ちませんね… 現在のこの国の状況は世界の他の国々から見るとコロ ...

続きを見る

バブル景気が始まる少し前?そんな頃

まずはその写真からご覧になって下され
(p_-)

フォォォォ―――ン!!!

どうです!
少年時代のREIWAの走り?!
ピンボケ気味の写真だけど中々カッコイイでしょ!
(^^)

この写真は当時の奥多摩有料道路で撮影したもの、
奥多摩湖方面に向かう下りコーナー、
現在は無料で通行可、名称も奥多摩周遊道路に改められています、

ご存じない方の為に話しますけど、この場所は東京都です

空前のバイクブーム到来!

この頃というのは、日本全体がバイクブームに包まれていた頃、
1980年台前半から中盤にかけての頃です

大いに盛り上がっていたレースの世界では、キングケニーことケニー・ロバーツと彗星の如く現れた天才フレディ・スペンサーの二人が伝説にもなった熱きバトルを繰り広げていた時代

ケニー、スペンサー以外にもさん、ランディ・マモラ、エディ・ローソン、フランコ・ウンチー二、バリー・シーン、そして片山敬済さん、そんなオールスターが顔を揃えていた華やかな時代です

国内では後のスーパースター平忠彦さんの人気に火が付き始めた頃、資生堂メンズコスメ”TECH21”とのコラボレーションで8耐(鈴鹿8時間耐久レース)出場した時はテレビCMの後押しなんかもあり”ちょっと”した社会現象化、我らバイク小僧を熱狂の渦の中で見事溺れさせてくれました、笑

当時破竹の勢いだった角川映画からはご存じ《汚れた英雄》を草刈正雄さん主演で映画製作&公開、
ローズマリーバトラーが熱唱する劇中歌《ライディング・ハイ》と共に大ヒットしました、

高校では3ナイ運動(免許を取らせない、バイクを買わせない、運転させない)が盛んになるなどして、良い意味でもそうでない意味でもバイクやそれを取り巻く環境が国民的関心事になっていた時代でした

あの有名な『キングカズ』を長年広告塔にすえている大人気商品!

カワサキGPz400F

ついこの前のよう…
でも写真は30年以上前に撮影したもの

バックの景色は今も殆んど変わる事がありません、こういうのって嬉しいですよね
(^^)
この写真の撮影場所はといえば、奥多摩湖の”水と緑のふれあい館”から青梅方面に下った先のT字路の所


写真に写っている3台のオートバイですけど、
手前のがホンダCBX400F、現在でも親友のTが乗っていたオートバイ、
元々の赤/白トリコロールカラーをブラックに塗装、その上から輸出モデル(CBX550F)のデカールを貼り付けてオシャレに仕上げています、エキゾーストマフラーは”スーパーモンキー”、高音の無い何とも言えない音だったの覚えています、笑
タンクの上に乗っている赤いヘルメットは当時最高級のARAI、よく見るとREIWAとお揃いですね、これ一緒に買いに行ったやつでした(*'ω'*)オハズカシイ

一番奥に見えるオートバイ、下の写真だと右側に写っているオートバイはヤマハRZ250R
これは友人Kが乗っていたオートバイ、この写真のように峠道の脇に停まってる姿を眺めるととても速そうに見えます、
このKは中学校を2つも飛ばされるなんていう奇跡のような男(ヤツ)でバイクとタバ〇とおサ〇とリーゼントと甲斐バンドが大好き、3つ目の中学校としてやってきたのがREIWAやTのいる”今日俺”のようなノリの楽しい学校なのでしたw
その後は一生懸命働いて現在では偉い立場の人間になったって噂話で聞いたけど元気でやってるかな?

そして16歳のREIWAくんと当時の愛車カワサキGPz400Fです、
じゅあぁーん!!

元気が有り余っていた頃ですね、俗に言う”やんちゃ盛り”ってやつ

顔にボカシ入れさせてもらってますけど、今も元気ですよ、笑

背景は30年以上経った今でも同じ!

このGPz400Fは数えて2台目のオートバイ
最初に手に入れたバイクはヤマハXJ400、通称”ペケジェイ”、4発400ccの中で一番安かったという理由で買ったオートバイだったけど、その半年後に自宅近くの道路で四輪車と正面衝突…
フロント周りを大破したオートバイは敢え無く全損…
事故の衝撃で空中を飛んだREIWAは近所の人が呼んでくれた救急車で病院に搬送、幸い検査の結果でも大きなケガなどなくその日の内に帰宅する事が出来ました、今振り返ってもこの事故はREIWAの不注意でした、経験も技術もないのに調子に乗ってるとこうなるってお手本のような事故…

それでも立ち直りの早いREIWAはフルローンを組んでGPz400Fの注文書に捺印
今度のは憧れのカワサキのバイク、それも新車!

系譜でいうとZ400FX、Z400GPの次のオートバイ

GPz400F納車後最初に手を付けたのが目障りなカウルの撤去
後にカウル無しのGPz400FⅡが発売された時は「オイッ!」って突っ込みを入れたのを覚えてますw

その後は…
”BEETの”フルバンク”(バックステップ)を取付け、
リアタイヤをダンロップ”K300GP”に履替え
悩みの種であったテールランプ周りを生まれ持ったセンスの良さでカッコよく制作、笑
納車してからここまでは一気にやった記憶が…、下の写真はそんな頃の写真です

この後も”BEETの”バックファイヤー”(エキゾーストマフラー)を取付けるなど健気に貢いでいく事にw

そんな訳でバイトに精を出してもポケットには小銭しか入っていないような日々でしたけど、毎日がイベントのようで楽しかったですね(^^)

奥多摩有料道路の印象(現在の奥多摩周遊道路)

クルマを手に入れた18の時にREIWAは一度オートバイを降ります、
そんな訳で革のツナギにブーツといった正装を身に纏って峠に走りに行っていたのは1年と半年程度の期間、
しかも暑い季節は電車に乗り鵠沼海岸でサーフィンなんかもしてたので奥多摩有料道路をオートバイで走ったのは数える位だったと思います

この頃の奥多摩有料道路は、同じく”バリバリ伝説”で一躍有名になった大垂水峠に比べ路面が滑らかででコーナーもワイド、ダイナミックかつハイスピードなワインディング、そのような印象を持っていました、あっ、それから幽霊がでる…という話も…

それと「家から遠いなー」って事も

目前での事故!

ある休日、前夜は友人ら数名と先輩の家で過ごし日の出と同時に数名で奥多摩有料道路へ向かいオートバイで出発、

目的地へ到着するとトイレ施設のあるいつもの駐車場はオートバイで満杯、その数優に100台超…
今考えても異様な光景です

そんな砂利の敷かれた駐車場の上をオートバイに乗って一番奥まで進みメットを脱いで一服…
周辺にいるライダー達とも挨拶を交わしたりしてコミュニケーションw
当然スマホなど無い時代、この様にして情報を収集していくのでした
(-。-)y-゜゜゜午後から取り締まりやるんだぁ、とか○○ガソリン安いよ、とか

↓ イメージ画像

REIWA達が駐輪している駐車場には四輪車もトイレ休憩などで立ち寄りたいでしょうけど、そのようなスペースはもうありません、
休日という事で結構な数の四輪車もやって来ますけど、状況を察したドライバーや初めて訪れるライダーなどはその光景に圧倒されてこちらを見ながら通過していくような状況、
駐車場は奥多摩湖方面から上がって来ると左コーナーの外側にあり、入口は奥、出口は手前側…

暫くすると一台のファミリーカーが右にハンドルを切りこの駐車場に進入してきます、駐車場出口から進入してこようとする四輪車に対し周辺にいたバイカー達がザワつきREIWA達もその様子に気付きました、

すし詰め状態の駐車場、出口周辺も四輪車が通行するには導線が狭いような感じ、そこへ四輪車が頭半分進入して前進出来なくなっている状態…
コーナー途中の道路上に後半部分がはみ出ている車両があっては危険、そう察知した者が周辺に駐輪しているオートバイの所有者に移動を呼びかけたり、四輪車のドライバーに駐車場から出るように話しかけたりします、また道路の上の方に向けて走り出す者も、これは上から下ってくる車両に危険を知らせる為、この間30秒も掛からずってところ

しかしタイミングの悪い事にそこへオートバイ数台が列になって走ってきます…
( ゚Д゚;
危険を知らせに行った者が頭上で大きく手を振っているんでしょうけど、バイクはとても速く一瞬でやってきます
それでも異変に気付いたライダーはコーナー手前でフルブレーキング!
その瞬間、事なきを得たかのように見えました、
が、先頭を走っていたライダーは間に合わないと咄嗟に判断したんでしょう、立往生しているファミリーカーの十数メートル手前の駐車場入り口から駐輪しているオートバイに向かって突っ込んでいきました!

 

グァシャーン!!!!!

ドミノ倒しのように次々とオートバイが倒れて行きます!
大きな砂ぼこりが舞い上がります!

その光景を見てREIWA達もすぐ現場に駆け出します、
人が集まり救助が始まっていましたが、その傍らには見るも無残なオートバイの姿…倒れたままのライダーは意識はあるけど立ち上がる事が出来ない状態、
それと事故の巻き添えになった何台ものオートバイ、その所有者の方たちは自らのオートバイより先に転倒したライダーを気遣います
誰が指示するわけでもなく皆が率先してその場を収めていきます、誰かが呼んでやってきた救急車に乗せられ怪我したライダーは運ばれていきました…

事故直後ふと駐車場出口に目を向けると先程のファミリーカーがバックして走り去っていく姿…

知らずに四輪車に突っ込んでいたらもっと大変な事になっていたね、事故のあと皆一様にそう話していました

背筋が寒くなる話

奥多摩有料道路では背筋が寒くなる出来事も…

それは親友Tが友人のKに当時月間オートバイ誌の企画で人気のあった”俺さA級”に投稿する為の写真撮影を頼んだのが事が始まり、
TがREIWAに「”俺さ”一緒にどう!」「接近しているの一緒に取ってもらおうぜ!」「前がイイ?それとも後ろ?」
現地に到着してすぐだった事もあり「後でな (-。-)y-゜゜゜」

それを聞いたTは「ほんじゃK、撮影ヨロシクな!(^_-)」と言いオートバイに跨り一人で「ブオォォーーン」と

この日カメラマンにされたKに「一緒に行こ(^^;」と誘われ、偶然別グループで来ていた地元の友人Yも交え3人でTが指定した撮影ポイントまで歩いて行くことに、

撮影ポイントに着くと安全面を考慮し2、3メートル斜面を登った先の1畳程のスペースに陣取ります
3人で〇ンコ座りして話し上手なYのオモシロ話で盛り上がっていると、峠道の下から4、5台のバイクが集合管のサウンドを響かせてこちらに向かってきます、
排気音の中にはTのCBX400Fのサウンドも混ざっています、

「来た来た!」とKがカメラのスタンバイ、Yがそれにちょっかい(笑)
そうこうしているとオートバイの隊列がやってきて眼下のヘアピンコーナーを走り抜けていきます、
中々のアングル!

また暫くの間3人で盛り上がっていると先程と逆方向からオートバイの走ってくる音が聴こえてきます、

↓イメージ画像

Kがカメラを構え戻ってきた隊列の中のTの勇姿を「パシャ!」
「よしっ!」と駐車場に戻ろうとするKに「これだけで帰ると後で怒られるぞ!w」
と2人を引き留めもう少し3人でそこに留まる事に…
箸が転がっても面白い年頃、話題に事欠く事なんてありません、引き続き話で盛り上がっていると良く知るサウンドを響かせながら1台のバイクが登ってきます、
TのCBX400Fです
「1台?」
「オンリーショットか?」

2本目は更に攻めた走りでやってきます!
ブレーキング…ヘアピンに進入…左にフルバンク…クリップ…素早い立ち上がり…、
流石はREIWAの相棒、感心感心
('ω')

暫くするとこちらに向かって下りてきます、今度も1台、エンブレ&ブレーキング…そして豪快にCBX400Fを右側に寝かし込みヘアピンをクリアしてそのまま消えていきます…

↓イメージ画像

「OKっ!」
って事で3人で駐車場に戻る事に

暫くするとTも駐車場に戻ってきました、
あの後もう1本走ってきたらしい、

Tはヘルメットを脱ぐなり
「いやー速かったなー○○!」(○○とはバイクの名称)
と興奮気味の様子

REIWAが「オレらがいた場所わかった?」
と聞くと
T「うん、分かった分かった」「見えたよ!」
(^。^)y-.。o○
とご満悦

続けてTが「2本目と3本目はさ、前と後ろ入れ替えて○○と2台で走ったけどアイツ速えェー速えェー」

REIWA「○○と2台?」
友人K「1台だろっ?笑」
T「2台だよ!」
「だってさ、1本目は4、5台いる中の2番目辺り走って上がってって下りてきただろ!」「2本目は○○と2台で上がってキタじゃん!」「3人で〇ンコ座りしてるのも走ってて見えたよ!」

K「1台だよな~、苦笑」とREIWAを見る
REIWAが丁寧に説明するもTは○○と2台でバトルしてたと曲げない...その顔は真剣、
どうやらTの言っている事に嘘はなさそう…だけどREIWA達も事実を話してる…

駐車場に戻ってから別行動になっていたYを見つけ、あらためてその時の状況、ヘアピンカーブでの状況をTに説明させるもTは全然納得しない...

4人とも口には出したくなかったけど、誰ともなく
「じゃあ、あれ...」
「あれって…あれか?」
「あれって何よ?」
「あれって言ったらあれだよ!」
「あー、あれのあれ」
「そーだよ、あれだよ」
「...」「...」

そうなんです、Tはあの時そこにいた他の者には見えないライダーと一緒に走っていたのです…

後日、Kの撮影した写真が出来上がりました
REIWA達のグループはKの家が溜まり場になっていたのでその日集まっていた5、6人の仲間全員で写真を見る事に、もちろん全員あの話は知っています、

誰だったか忘れましたけどその写真を袋から取り出し、1枚1枚丁寧にテーブルに置いて皆で確認していきます、はたして写っているのか??

結論を言います…

あのヘアピンを斜面の上から撮影した写真は1枚も現像されていませんでした!
ネガも透かすなどして確認したと思いますけど、驚くような事は何もありませんでした…

そんな訳で真実は今も闇の中

いかがだったでしょう?背筋が寒くなったでしょ…

この話は30年以上も前の事なので細かい所は少々色付けしてる部分もありますけど全部本当の話…

他にも背筋が寒くなる話はあります…でも、それはまた次の機会に、という事で…

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

※自動車やオートバイの運転をする際は交通法規を遵守し心にゆとりを持って運転してください。思いやり運転が交通事故を減らします。私もそうしています。

関連記事を読んでみる

この記事いかがだったでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REIWA

バイクと海とディスコ、そしてクルマ…いつも腹ペコだったけど毎日がドラマチックだった昭和の時代、振り返れば毎日を忙しくやり過ごしていた記憶しかない平成の時代…。 こんにちは!REIWAです('ω')ノ 何かとめんどくさがられるバブル世代のおっさんですw バブル世代と言ってもバブリーなオイシイい思いをした事なんてないんですよ(^^; 令和の時代はこれまでにない心にゆとりをもった過ごし方をしていきたいと思います。 どうぞよろしく (`・ω・´)ゞ

当ブログの人気記事

1

皆さんこんにちは! はじめまして REIWAです('ω')ノ 2019年4月1日 新しい元号が令和に決まった今日この日にブログを始める事にしました その内容はといえば、クルマとオートバイのメンテナンス ...

2

皆さんこんにちは! REIWAです ('ω')ノ 今年もどうぞよろしく (^_-)-☆ さて、2020年一発目はクリーディーゼル車のエンジンオイルについて話してみようと思います 昨年末、といってもつい ...

3

みなさんこんにちは!REIWAです('ω')ノ 今回はお安くタイヤ交換をした時の話。 しかもあの”ミシュラン”のタイヤです! ご興味いただけましたら最後までお付き合いくだされ('ω') ヴェゼル タイ ...

-GPz400F(84’~85’)

© 2021 REIWAのはしりかた